名探偵コナン中森青子の登場回一覧まとめ!初登場いつ?

名探偵コナン中森青子の登場回一覧まとめ!初登場いつ? 名探偵コナン

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「名探偵コナン中森青子の登場回一覧まとめ!初登場いつ?」をご紹介していきます!

『まじっく快斗』ではヒロイン役の中森青子ですが、『名探偵コナン』にもゲスト出演しています。

青子は怪盗キッドと幼なじみのため、怪盗キッドの出演回にセットで出演している場合がほとんどです。

特に劇場版『名探偵コナン100万ドルの五稜星(みちしるべ)』では映画ラストの真実に繋がる伏線役を務めるなど、重要な役目を担っていました。

そんな彼女ですが、一体どのくらい『名探偵コナン』に登場していたのか気になりますよね!

それでは早速、「名探偵コナン中森青子の登場回一覧まとめ!初登場いつ?」を見ていきましょう!

 

名探偵コナン中森青子の漫画・アニメの登場回一覧まとめ!初登場いつ?

中森青子は怪盗キッドの幼なじみのため、『名探偵コナン』に出演する際は怪盗キッドとセットで出演しています。

『名探偵コナン』での青子の登場回は以下の通りです。

漫画/アニメ 登場回
漫画 第16巻FILE6「邂逅」
漫画 第16巻FILE9「終極」
アニメ 76話「コナン VS キッド」
アニメ 219話「集められた名探偵!工藤新一 VS 怪盗キッド」

では、どのような登場シーンなのかもう少し詳しく見ていきましょう!

 

漫画第16巻FILE6「邂逅」

中森青子が『名探偵コナン』の原作に登場するのは漫画第16巻FILE「邂逅」ではないかと考えられます。

「邂逅」では、工藤新一と瓜二つの顔をしている黒羽快斗が女性と仲良く歩いているのを毛利蘭に目撃されています。

女性の顔は描かれていませんが、以下の2点からその女性は中森青子だと考えられます。

  • 傘をさしていて分かりにくいもののシルエットが中森青子に似ている
  • 黒羽快斗が距離を縮めて仲良くしているのは青子以外に考えられない

そのため、セリフはありませんがこの「邂逅」が中森青子の初登場回だといえるのではないでしょうか。

 

漫画第16巻FILE「終極」

中森青子の顔がはっきり描かれる形で登場するのは漫画第16巻FILE9「終極」のみです。

「終極」では、鈴木園子が工藤新一とそっくりな怪盗キッドの正体である黒羽快斗を発見します。

その隣を歩いているのが中森青子です。

青子は快斗が怪盗キッドだということは知らないため、海に落ちたという快斗の言葉を信じて夫婦漫才のようなやりとりをします。

顔が描かれているのはわずか2コマ、セリフも少ないため、本編の流れには絡んできません。

 

アニメ76話「コナン VS 怪盗キッド」

中森青子のアニメ初登場回は76話「コナン VS 怪盗キッド」になります。

アニメ76話は原作の第16巻「邂逅」「消滅」「気配」「終極」をアニメ化したものです。

青子は怪盗キッドの正体である黒羽快斗の隣を歩き、夫婦漫才のようなかけあいをしています。

 

アニメ219話「集められた名探偵!工藤新一 VS 怪盗キッド」

中森青子のアニメ登場2回目は219話「集められた名探偵!工藤新一 VS 怪盗キッド」になります。

アニメ219話は以下の原作漫画をアニメ化したものです。

タイトル 登場回
『まじっく快斗』 第4巻FILE3「ブラック・スターの巻(前編)」
『まじっく快斗』 第4巻FILE4「ブラック・スターの巻(後編)」
『名探偵コナン』 第30巻FILE4「糾合」
『名探偵コナン』 第30巻FILE5「惨劇(トラジディ)」
『名探偵コナン』 第30巻FILE6「密殺」
『名探偵コナン』 第30巻FILE7「誑欺(スティング)」

中森青子は、幼なじみの黒羽快斗が怪盗キッドの活躍が載っている新聞を読んでいるとビリビリに破り捨てます。

彼女は怪盗キッドを追う中森警部の娘であること、また正義感の強い性格なため怪盗キッドのことを毛嫌いしているのです。

青子は、盗んだものを捨てたり後でこっそり返したりしているとしても怪盗キッドはただの犯罪者だとばっさり切り捨てます。

その後、怪盗キッドが古い時計台を盗むと聞いた青子は批難をさらに続けますが、どこか寂しげな表情でした。

その理由は、時計台が彼女にとって快斗に初めて会った特別な思い出のある場所だったからです。

怪盗キッドの予告の日、厳重な警備の中一体どうやってキッドは時計台を盗むのかと付近に集まった野次馬たちはみんな期待と不安を抱えています。

その中で、中森青子はただひとり時計を盗むことに反対し、「キッド反対」と書かれたプラカードを掲げながら複雑な思いで時計台を見つめていました。

 

名探偵コナン中森青子の映画の登場回は?

中森青子の映画での登場は、2024年4月から公開されている『名探偵コナン』劇場版第27作目「100万ドルの五稜星」のみになります。

登場シーンは2回あり、1回目は青子の父親である中森警部が入院している病院、2回目は事件が解決したあとです。

では、どのような登場シーンだったのかもう少し詳しく見ていきましょう!

 

中森青子の登場シーン1:中森警部の入院する病院

重傷で意識不明の父親の病院に娘である中森青子が登場します。

これが中森青子の1回目の登場シーンになります。

中森警部はのちに無事意識が回復しますが、当時の青子の心境は察して余りあるものでしょう。

青子はこの病院で中森警部の元に駆けつけたコナン達と初めて出会います。

その際に青子は「青子の幼なじみの男の子の小さいころにそっくり」と言います。

初めてコナンに会った青子は、コナンが自分の幼なじみである黒羽快斗の小さいころに似ていることに気づきました。

もちろん、この言葉に関して青子は特に意味はなくコナンの姿を見て純粋に快斗に似ていると思ったために出た言葉と考えて間違いないでしょう。

その理由として、今まで青子は工藤新一について語ったこともなければ、工藤新一の存在を知っているかも分からないからです。

そこからコナンの正体にたどり着くのは難しいでしょう。

青子のこのセリフは、映画ラストの新一と怪盗キッドの真実に繋がる伏線ともなっているため、ある意味キーパーソンともいえるのではないでしょうか。

 

中森青子の登場シーン2:事件が解決したあと

無事に殺人犯が捕まり事件が解決したあと、ラストシーンで怪盗キッドが夜空を飛んでいます。

そこで青子から電話が入ります。

青子と話をする怪盗キッド。

これが2つ目の青子の登場シーンになります。

ここでの怪盗キッドと青子の会話に音声はありません。

どんな会話だったか気になるところですよね!

おそらくは重症であった青子の父親が回復したことを話していたのではないでしょうか。

それとも、もしかしたら青子が出会ったコナンが快斗の小さい頃にそっくりだったという話をしていたのかもしれませんね。

電話をしている怪盗キッドの表情から伺えるのは悪い知らせではないということでしょう。

 

まとめ

本日は、「名探偵コナン中森青子の登場回一覧まとめ!初登場いつ?」についてまとめていきました!

中森青子は『名探偵コナン』では登場回数は少ないものの、怪盗キッドの幼なじみということもあり何度か登場しています。

原作では一瞬の出演ではありますが、アニメや映画を通して怪盗キッドとの関係や中森青子の魅力が伝わったのではないでしょうか。

少々天然ではあるものの、元気いっぱいの愛される性格ですので、せひこれからも登場していってほしいですね!

今回は「名探偵コナとン中森青子の登場回一覧まとめ!初登場いつ?」と題してお送りしました。

タイトルとURLをコピーしました