名探偵コナン服部平次のアニメ&映画のおすすめ登場回一覧まとめ

名探偵コナン服部平次のアニメ&映画のおすすめ登場回一覧まとめ 名探偵コナン

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「名探偵コナン服部平次のアニメ&映画のおすすめ登場回一覧まとめ」をご紹介していきます!

服部平次は、主人公のライバル関係でありながら協力し合うことも多く、これまでのアニメ・映画の中ではカギを握る人物として登場することも多くありました。

平次は主人公の正体を知っている(見抜いた)数少ない人物でもあるため、物語においても重要な役割を果たすことが多いです。

この記事では、28年の歴史の中で彼が出てきたアニメ回と映画作品を振り返っていきます。

彼の出演回や活躍を見直したい人は、ぜひ最後までご覧ください。

それでは早速、「名探偵コナン服部平次のアニメ&映画のおすすめ登場回一覧まとめ」を見ていきましょう!

 

  1. 名探偵コナン服部平次のアニメ登場回一覧!
    1. 48~49話:外交官殺人事件 ☆☆☆
    2. 57~58話:ホームズフリーク殺人事件 ☆☆☆
    3. 77~78話:名家連続変死事件 ☆
    4. 116話~117話:ミステリー作家失踪事件 ☆
    5. 118話:浪花の連続殺人事件 ☆☆☆
    6. 141~142話:結婚前夜の密室事件 ☆
    7. 174話:二十年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件 ☆☆
    8. 166~168話:鳥取クモ屋敷の怪 ☆☆
    9. 190~191話:命懸けの復活[第3の選択/黒衣の騎士] ☆☆
    10. 220~221話:偽りだらけの依頼人 ☆
    11. 222~224話:そして人魚はいなくなった ☆☆☆
    12. 238~239話:大阪“3つのK”事件 ☆☆
    13. 240~241話:新幹線護送事件 ☆
    14. 263話:大阪ダブルミステリー 浪花剣士と太閤の城1&2 ☆☆☆
    15. 277~278話:西の名探偵vs.英語教師 ☆☆
    16. 291~293話:孤島の姫と竜宮城 ☆
    17. 323~324話:服部平次絶体絶命! ☆☆
    18. 325~327話:炎の中に赤い馬 ☆
    19. 345話:黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー ☆
    20. 381~382話:どっちの推理ショー ☆☆
    21. 383話:甲子園の奇跡!見えない悪魔に負けず嫌い ☆
    22. 406~408話:コナン・平次の推理マジック[仕掛編/館編/解決編] ☆☆
    23. 479話:服部平次との3日間 ☆
    24. 484~485話:黒い写真の行方 ☆
    25. 490話:服部平次VS工藤新一 ゲレンデの推理対決! ☆☆
    26. 491~492話:赤と黒のクラッシュ[発端/血縁] ☆
    27. 516~517話:風林火山 迷宮の鎧武者/陰と雷光の決着 ☆
    28. 521~522話:殺人犯、工藤新一/新一の正体に蘭の涙 ☆
    29. 523話:本当に聞きたいコト ☆
    30. 524話:憎しみの青い火花 ☆
    31. 554~555話:こうのとりミステリーツアー(蘭捜索編・陽菜追跡編)  ☆
    32. 571~572話: もののけ倉でお宝バトル ☆
    33. 573~574話:恥ずかしいお守りの行方 ☆☆
    34. 610~613話:被害者はクドウシンイチ/犬伏城 炎の魔犬 ☆
    35. 651話:コナンVS平次 東西探偵推理勝負 ☆
    36. 652~655話:毒と幻のデザイン ☆
    37. 710~711話:みんなが見ていた ☆
    38. 712~715話:服部平次と吸血鬼館 ☆
    39. 763~764話:コナンと平次 恋の暗号 ☆☆
    40. 808~809話:かまいたちの宿 ☆
    41. 810~812話:県警の黒い闇 ☆
    42. 830~832話:ゾンビが囲む別荘 ☆☆
    43. 872~874話:コナンと平次の鵺伝説 ☆☆
    44. 885~886話:謎解きは喫茶ポアロで ☆☆
    45. 916~917話:恋と推理の剣道大会 ☆☆
    46. 927~928話:紅の修学旅行 ☆☆☆
    47. 941~942話:マリアちゃんをさがせ! ☆
    48. 965~968話:大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー(序・破・急・結) ☆☆
    49. 983~984話:キッドVS高明 狙われた唇 ☆☆☆
    50. 1024~1025話:大岡紅葉の挑戦状 ☆☆
    51. 1085~1086話:不吉な縁結び ☆
  2. 名探偵コナン服部平次の映画登場回一覧!
    1. 3作目:世紀末の魔術師【1999年】 ☆☆
    2. 7作目:迷宮の十字路(クロスロード)【2003年】 ☆☆☆
    3. 10作目:探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)【2006年】 ☆☆
    4. 13作目:漆黒の追跡者(チェイサー)【2009年】 ☆
    5. 14作目:天空の難破船(ロストシップ)【2010年】 ☆
    6. 17作目:絶海の探偵(プライベート・アイ)【2013年】 ☆
    7. 21作目:から紅の恋歌(ラブレター)【2017年】 ☆☆☆
    8. 27作目:100万ドルの五稜星(みちしるべ)【2024年】 ☆☆☆☆
  3. まとめ

名探偵コナン服部平次のアニメ登場回一覧!

こちらでは彼が出てくるアニメ回のあらすじや登場シーンを紹介します。

彼が活躍する回や少しだけの登場なども含めているので項目が多いですが、最後までご覧ください。

また彼が活躍する回や重要度を☆の数で表していくので、活躍が見たい人は☆が多い回から見ていきましょう。

  • ☆☆☆ 大活躍回、キーパーソン回
  • ☆☆  できるだけ見て欲しい回
  • ☆   少しだけの登場、物語本編にはあまり関わらない回

 

48~49話:外交官殺人事件 ☆☆☆

ストーリーにおける重要回かつ、この回で彼は初めて登場します。

突然事務所に押しかけたり風邪だった主人公に中国酒のパイカルを飲ませるなどの鮮烈な登場の仕方でした。

元の体に戻った主人公と推理対決を繰り広げ解決へと導いていきます。

 

57~58話:ホームズフリーク殺人事件 ☆☆☆

この回で彼は主人公の正体を見破ります。

ホームズ好きが集まった集会で次々に起こる事件を解決しながら物語は進みます。

また麻酔銃によって眠らされるのですが、途中で目を覚まします。

彼は変声機を使用するところや推理の構成が新一に似ていることを指摘し主人公の正体を見抜きました。

 

77~78話:名家連続変死事件 ☆

この回ではライバルだった主人公と初めて協力して謎を解きます。

彼の父である平蔵が自身の初恋相手の捜索を依頼をしたところから物語が始まります。

 

116話~117話:ミステリー作家失踪事件 ☆

ミステリー作家である新名任太朗の娘である香保里が探偵事務所を尋ねるところから始まります。

任太朗の原稿から暗号を解くのですが、主人公に謎解きを任せて出番が終わります。

物語自体は思わぬ結末を迎えることになりました。

 

118話:浪花の連続殺人事件 ☆☆☆

この回では主人公レベルの活躍をします。

またガールフレンドである遠山和葉が初登場した回でもあります。

主人公の一行も観光に訪れるのですが、次々と事件に巻き込まれてしまいます。

和葉とのやりとりはこの時から始まりました。

 

141~142話:結婚前夜の密室事件 ☆

118話とは立場が逆になり東京観光を行うところから始まります。

東京に来た目的は平次の母の同級生の結婚式に参加することでしたが、招待された屋敷で殺人事件が起きます。

話の中で和葉が蘭にヤキモチを妬くのですが、この回をきっかけに仲良くなりました。

 

174話:二十年目の殺意 シンフォニー号連続殺人事件 ☆☆

豪華客船の旅に当選した主人公たちは、20年前に起きた事件が関わる殺人に巻き込まれていきます。

彼は乗客の一人として登場し推理が主人公と食い違うこともありましたが解決へと向かいました。

 

166~168話:鳥取クモ屋敷の怪 ☆☆

作者の青木剛昌先生の出身地である鳥取が舞台の回です。

絡繰峠に住んでいる武田家は、峠の蜘蛛屋敷と呼ばれており祟りの謎を解き明かしていきます。

 

190~191話:命懸けの復活[第3の選択/黒衣の騎士] ☆☆

命懸けの復活シリーズとして188~193話に放送された、コナンと蘭の関係性にフォーカスを当てたシリーズです。

高校の学園祭で事件が起き、入院していた主人公の代わりに新一のふりをしましたがすぐバレてしまいます。

そして新一も登場しともに事件を解決に導いていきます。

 

220~221話:偽りだらけの依頼人 ☆

毛利探偵事務所に池波と名乗る女性が訪れるところから始まります。

のちにわかるのですが、この女性は服部静華という名前で彼の母であることが紹介されました。

ちなみに静華は色白で、色黒が祖父譲りであることもこの回で判明しました。

 

222~224話:そして人魚はいなくなった ☆☆☆

人魚の住む島と言われている美國島が舞台の回です。

手紙をきっかけに、島にまつわる伝説をもとにした祭りの中で事件が起きます。

和葉との掛け合いが面白く、ファンにはたまらない回と言われています。

後述する「から紅の恋歌」ではオマージュした場面も出てます。

 

238~239話:大阪“3つのK”事件 ☆☆

タイトルの「K3」はレストランの名前で、サプライズの準備中に事件が起きてしまいます。

主人公は信じがたい真実に辿り着くのですが、アシストしたことによって解決します。

 

240~241話:新幹線護送事件 ☆

前作の後日談から始まる回です。

大阪から東京に戻る際に主人公たちの前で起きた事件がメインで、冒頭部分のみの出演となりました。

 

263話:大阪ダブルミステリー 浪花剣士と太閤の城1&2 ☆☆☆

アニメでは2時間スペシャルとして放送されました。

浪花中央体育館で行われる剣道の試合中に事件が起こるのですが、この事件は平次一人で解決しました。

また大阪城を訪れるのですが、戦国武将になりきったツアー客が巻き込まれる殺人事件にも遭遇します。

 

277~278話:西の名探偵vs.英語教師 ☆☆

この回は黒の組織にも関わる回でした。

杯戸シティホテルの事件を調べる中で平次は主人公の高校の英語教師であるジョディ先生を訪ねます。

この回ではジョディ先生への伏線なども隠されていたことに加え、彼が英語を流暢に話せることが判明した回でした。

 

291~293話:孤島の姫と竜宮城 ☆

「西の名探偵vs.英語教師」の回で和葉との約束を忘れてしまったお詫びとして、沖縄に呼び出しました。

理由はテレビの撮影で推理対決するというものでした。

この対決の舞台となる無人島で事件が起きてしまします。

 

323~324話:服部平次絶体絶命! ☆☆

平次と和葉が監禁されてしまうところから始まります。

主人公たちは、待ち合わせていた二人が来ないことを不審に思い捜索を始めます。

 

325~327話:炎の中に赤い馬 ☆

前話の後日談から始まるこの回は、連続放火事件を解決します。

彼は前話で負傷していたのですが、しっかり謎解きのアシストをします。

 

345話:黒の組織と真っ向勝負 満月の夜の二元ミステリー ☆

2時間半のスペシャルとして放送され神回とも呼ばれています。

小五郎宛にハロウィンパーティーの招待状が届くところから始まり、話が進むと黒の組織の重要な伏線が張られていました。

彼の出番は少しですが、新一に変装する姿が見られます。

 

381~382話:どっちの推理ショー ☆☆

345話の後日談が含まれる回です。

主人公たちに大阪観光を提案する平次と和葉は行き先で対立してしまいます。

そこで行き先を決めるため二人の推理対決が始まります。

 

383話:甲子園の奇跡!見えない悪魔に負けず嫌い ☆

2時間スペシャルで放送され、「どっちの推理ショー」の続きから始まる回です。

甲子園決勝を観戦していた主人公たちがある携帯電話を見つけて事件に巻き込まれます。

ストーリーは暗号を解くのが中心で本編の関わりがあまりないので☆は1つです。

 

406~408話:コナン・平次の推理マジック[仕掛編/館編/解決編] ☆☆

マジックショーを観にきた主人公たちがMr.正影の弟子に出会い家に招待され、そこで事件が起きます。

この回は和葉にヤキモチを妬いている姿が描かれ、2人のラブコメ要素が強い回です。

 

479話:服部平次との3日間 ☆

アニメでは2時間のスペシャル放送でした。

花見を楽しむ主人公たちの前に一人の修行僧の少年が血まみれだった女性が消えたと言ったところから始まります。

この事件の結末はとても悲しいものでした。

また1つ目の事件の後で、彼は日売テレビの企画で探偵甲子園に出場し無人島で謎を解きます。

しかしのちに企画がテレビの企画ではないことが判明します。

 

484~485話:黒い写真の行方 ☆

彼の登場シーンは少ないのですが、物語の本編では重要な回です。

主人公に本堂瑛祐という男に関する重要な情報を提供します。

 

490話:服部平次VS工藤新一 ゲレンデの推理対決! ☆☆

漫画では「平次の思い出」というタイトルでした。

互いの中学時代を描いた話で雪女事件にまつわる事件の謎を解きます。

彼はこの時、一緒にいたのが新一であることを理解していませんでした。(新一は気づいていました。)

491~492話:赤と黒のクラッシュ[発端/血縁] ☆

「黒い写真の行方」に続く回です。

この回も登場シーンは少ないのですが、本編の中では重要な回になっています。

 

516~517話:風林火山 迷宮の鎧武者/陰と雷光の決着 ☆

ある事件の依頼で虎田家を訪問した主人公たち。

そして虎田家と確執がある龍尾家でも探偵を依頼しておりそれが平次でした。

和葉とのやりとりも少し登場します。

 

521~522話:殺人犯、工藤新一/新一の正体に蘭の涙 ☆

彼のもとへ新一の推理が間違っていると指摘する手紙が届きます。

新一はある事件の容疑者として疑われ、疑念を晴らすために推理の協力をするポジションとして活躍します。

 

523話:本当に聞きたいコト ☆

「殺人犯、工藤新一/新一の正体に蘭の涙」の続きとなる回です。

奥穂町からの帰る途中、高木刑事らが乗る車とすれ違ったあと、様子のおかしな車に遭遇します。

この回でも活躍しますが、主人公ほどの活躍はありません。

 

524話:憎しみの青い火花 ☆

本当に聞きたいコトの後日談が描かれました。

登場したのは冒頭の主人公との電話のシーンのみでの登場でした。

 

554~555話:こうのとりミステリーツアー(蘭捜索編・陽菜追跡編)  ☆

こちらはアニメオリジナル作品となります!

ここで初めて漫画原作ではないエピソードが入ってきました。

主人公一行は兵庫県の城崎温泉を訪れます。

その中で、蘭が行方不明になってしまうのですが、この回では少ししか登場せず伏線も特にありません。

 

571~572話: もののけ倉でお宝バトル ☆

少年探偵団がコナンにギャフンと言わせるために奮闘します。

彼は少年探偵団をアシストする立場で少しだけ登場しました。

 

573~574話:恥ずかしいお守りの行方 ☆☆

この回は和葉のお守りを巡って繰り広げられます。

平次がお守りを和葉の知人に渡しますが、別のお守りと間違えて渡してしまいます。

お守りには彼の写真が入っており、それを見られたくないために恥ずかしいお守りという題名になっています。

 

610~613話:被害者はクドウシンイチ/犬伏城 炎の魔犬 ☆

彼は和葉の母の同級生が絡んだ犬伏家事件の捜査に同行するため東京を訪れました。

この回は特に伏線がない回です。

またタイトル通り「クドウシンイチ」も出てきます。

 

651話:コナンVS平次 東西探偵推理勝負 ☆

世良の一言によって始まり主人公との推理対決が描かれています。

現場は殺人事件が起きたファミレスで、和葉やFBIのキャメル捜査官も登場します。

 

652~655話:毒と幻のデザイン ☆

「コナンVS平次 東西探偵推理勝負」の続きを描いた話です。

前回明かされなかった東京に来た理由が判明します。

若松という亡くなった人間から手紙が届き、その男が経営していた会社で事件を聞きに来たとのことでした。

その中で事件が起きつつ、彼のエピソードも少し描かれています。

 

710~711話:みんなが見ていた ☆

ある事件の捜査で東京を訪れます。

事件現場はマンション内のエレベーターの中で、事件解決後に別の事件が起きてしまうという展開でした。

 

712~715話:服部平次と吸血鬼館 ☆

「みんなが見ていた」の続きとして放送され、4回に分けて放送されました。

洋館の中で吸血鬼に血を取られた跡のような傷がついた遺体が見つかり物語が進みます。

タイトルに名前がありますが、重要な回ではないので優先度は低いです。

 

763~764話:コナンと平次 恋の暗号 ☆☆

少年探偵団が謎の手帳を拾うところから始まります。

その中には暗号が書かれており、主人公とともに解読に挑みます。

和葉も登場し掛け合いもありました。

 

808~809話:かまいたちの宿 ☆

日本の妖怪かまいたちが出ると噂される長野の旅館が舞台でした。

事件の関係者が揃う中で事件が発生し、かまいたちのしわざに見立てた殺人が起きました。

 

810~812話:県警の黒い闇 ☆

かまいたちの宿から続く話でこちらも長野が舞台です。

彼は初めの部分に登場するのみで、事件には関わりません。

 

830~832話:ゾンビが囲む別荘 ☆☆

沖野ヨーコが出演するゾンビ映画のロケ地で事件が起きるストーリーです。

この回で初めて告白を試みますが、失敗に終わってしまいます。

 

872~874話:コナンと平次の鵺伝説 ☆☆

アニメでは3回に分けて放送された回です。

静岡のある村に集められた主人公たちが鵺(ぬえ)の鳴き声を聞いたことをきっかけに事件が展開します。

この回でようやく自分の気持ちに気づいて告白を試みますが、またしても失敗に終わります。

 

885~886話:謎解きは喫茶ポアロで ☆☆

この回で初めて安室と対面を果たします。

銀座を訪れてイルミネーションを見るはずでしたが、ポアロで夕食を待つ間に事件が発生します。

ここで告白予定でしたが、またしてもチャンスを逃しました。

 

916~917話:恋と推理の剣道大会 ☆☆

漫画では「二人の浪花の剣士」というタイトルでした。

紅の修学旅行の前日談であり、沖田総司や鬼丸猛も出てきます。

優勝したら告白するはずでしたができずに終わってしまいました。

 

927~928話:紅の修学旅行 ☆☆☆

元の体に戻って修学旅行し参加することになった主人公が、旅先で暗号読解と事件に巻き込まれてしまいます。

彼は主人公の体が小さくなっている間にごまかし役として、なりすましていましたがバレてしまいます。

さらに新一と蘭のある行動を目撃してしまい、自身の心にも火がついた回でもあります。

 

941~942話:マリアちゃんをさがせ! ☆

「紅の修学旅行」の続きの話として描かれたストーリーです。

新一の話題で騒ぎが起きる中、少年探偵団が先生に頼まれて謎の少女マリアを見にいきます。

この回では少しだけの登場しますが、本編のストーリーに大きく関わります。

 

965~968話:大怪獣ゴメラvs仮面ヤイバー(序・破・急・結) ☆☆

こちらはアニメオリジナル作品で、4回に分けて放送された回です。

「から紅の恋歌(2017年)」の続きとして描かれていましたが、放送は2020年の1月でした。

新しくなった日売テレビで殺人が起きてしまうというストーリーです。

 

983~984話:キッドVS高明 狙われた唇 ☆☆☆

漫画では唇を狙う男というタイトルでした。

この回は本編においても重要な回なのですが、平次がメインです。

キッドが狙うお宝を見るために多くの人が集まるのですが、この回でキッドが変装したのはなんと和葉でした。

清水寺での一件を見てから和葉の口元が気になって仕方がなくなってしまい、キスを試みますがその相手がキッドだったことも描かれています。

この回のシーンは100万ドルの五稜星」でも登場しています。

 

1024~1025話:大岡紅葉の挑戦状 ☆☆

漫画では「高校生探偵の推理レース」というタイトルでした。

紅葉からメールをもらった蘭は、新一に暗号を解くようにと言われました。

指定された場所に行くと平次たちもいて事件に遭遇します。

この回ではデートスポットで告白すると決めてましたが、またもできずに終わります。

 

1085~1086話:不吉な縁結び ☆

漫画では縁結び神社殺人事件というタイトルでした。

彼は神社の15日限定の縁結びと御朱印を手に入れるために変装して並んでいましたが、前にいた主人公にバレてしまいます。

 

名探偵コナン服部平次の映画登場回一覧!

ここまでアニメの登場話を紹介してきましたが、ここからは映画の登場回を紹介します。

登場映画はご覧のとおりです。

  • 3作目:世紀末の魔術師【1999年】
  • 7作目:迷宮の十字路(クロスロード)【2003年】
  • 10作目:探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)【2006年】
  • 13作目:漆黒の追跡者(チェイサー)【2009年】
  • 14作目:天空の難破船(ロストシップ)【2010年】
  • 17作目:絶海の探偵(プライベート・アイ)【2013年】
  • 21作目:から紅の恋歌(ラブレター)【2017年】 
  • 27作目:100万ドルの五稜星(みちしるべ)【2024年】

このように見てみると最新作を除いて大体3~4年周期で登場していることがわかります。

こちらも彼が活躍する回や重要度を☆の数で表していくので、活躍が見たい人は☆が多い回から見ていきましょう。

  • ☆☆☆☆ 特に注目してほしい作品
  • ☆☆☆  大活躍作品、キーパーソン
  • ☆☆   できるだけ見て欲しい作品
  • ☆    少しだけの登場、物語本編にはあまり関わらない作品

一つずつ見ていきましょう。

 

3作目:世紀末の魔術師【1999年】 ☆☆

映画での初登場はこの作品です。

この作品はキッドを主要キャラとして物語が進んでいたので、前半部分のみの出演となりました。

キッドの予告状をもとに主人公とともに謎を解いていました。

 

7作目:迷宮の十字路(クロスロード)【2003年】 ☆☆☆

彼が映画の主要キャラとなった初めての作品です。

京都が舞台で物語が進み、暗号と謎を解いていきます。

彼の幼少期時代の初恋相手もこの映画で判明します。

 

10作目:探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)【2006年】 ☆☆

記念すべき10作目となった作品で、今作までに登場した主要キャラが総出演した作品です。

ある依頼人によって呼び出された主人公たちが爆破を防ぐために、事件を解き明かす姿が描かれました。

 

13作目:漆黒の追跡者(チェイサー)【2009年】 ☆

この回では黒の組織を中心に物語が展開していました。

彼の登場は少なかったので、優先度は低めです。

 

14作目:天空の難破船(ロストシップ)【2010年】 ☆

この回は飛行船が舞台になっており、キッドも出てきた作品です。

彼は飛行船には乗っていなかったのですが、前回の映画に繋がるやり取りを主人公としていました。

 

17作目:絶海の探偵(プライベート・アイ)【2013年】 ☆

海上に浮かぶイージス艦「ほたか」を舞台に主人公たちが事件に巻き込まれていきます。

少しだけ和葉とともに登場し、掛け合いも見ることができます。

 

21作目:から紅の恋歌(ラブレター)【2017年】 ☆☆☆

迷宮の十字路(クロスロード)以来、久しぶりに主要キャラになった作品です。

主人公たちは日売テレビの爆破予告を知り、それを阻止するために奮闘します。

和葉が所属するかるた部が出場する大会も本編に絡んで進んでいきました。

和葉との掛け合いも多く、二人の魅力が余すとこなく感じ取れるのまだみていない方はチェックしてみてください。

またアニメ回の「そして人魚はいなくなった」で出てきたシーンも再現されているので、アニメとともに見比べてみましょう。

 

27作目:100万ドルの五稜星(みちしるべ)【2024年】 ☆☆☆☆

前回の映画登場作品から7年が経ち、主要キャラとして登場しました。

今作は全編において活躍し、ついに夜景をバックにした告白シーンまで描かれます。

主人公たちやキッドまで二人のことを応援していましたね。

この作品でキッドへの恨みを晴らす対決シーンや、決闘のシーンなどもかっこよく描かれています。

これまでの作品の中で一番活躍をしている作品になっています。

彼の活躍が見たい人は何度でも楽しめる作品になっているのでおすすめ度を高く設定しました。

 

まとめ

この記事では、「名探偵コナン服部平次のアニメ&映画のおすすめ登場回一覧まとめ」と題してお送りしました。

彼が登場する気になる回や作品は見つけられましたか?

まとめでは、おすすめのアニメ回、映画をピックアップします。

おすすめのアニメ回は以下の通りです。

昔の作品が多いですが、動画配信サービスで見ることもできるのでチェックしてみましょう。

続いておすすめの映画作品は以下の通りです。

どの作品も主役級に活躍している映画です。

特に最後の100万ドルの五稜星は特におすすめで、彼が出演している過去のアニメや映画作品を見ることでより楽しむことができます。

また彼の本編への関わりや和葉との恋の進展はあるのかどうかも、チェックしながら作品での活躍を期待しましょう!

以上、「名探偵コナン服部平次のアニメ&映画のおすすめ登場回一覧まとめ」でした!

タイトルとURLをコピーしました