コロナウイルス

滋賀県草津市の歯科医院コロナ感染の場所どこで名前は?感染経路についても紹介

滋賀県草津市の歯科医院コロナ感染の場所どこ?クラスター発生の感染経路は?
Pocket

この記事は「滋賀県草津市の歯科医院コロナ感染の場所どこで名前は?感染経路についても紹介」と題してお送りしていきます。

2020年4月22日に滋賀県ではコロナウイルスに12人感染したことが判明、1日の感染人数で最多を更新しました。

その12人のうち4人は滋賀県草津市にある歯科医院の職員であることがわかっています。

どうやらその歯医者ではすでにコロナに感染した者が1人いたため、クラスターが発生しているのではないかと言われています。

滋賀県草津市でコロナが発生した歯科医院の場所はどこで名前は何なのか、また感染経路はどういったものなのか気になりますよね。

さっそく調査してみましたので、気になる方は是非ご覧になってください。

 

滋賀県草津市の歯科医院コロナ感染の場所どこで名前は?

集団感染が発生した草津市の歯科医院では4月17日に勤務している50代女性の歯科衛生士がコロナに感染していました。

そして22日にこの歯科医院で新たに歯科衛生士など4人が感染していることが明らかになっています。

4人は20代~30代の女性でみな歯医者で働いているスタッフだそうです。

歯医者では先生やスタッフがとても近い距離で患者の口を治療するので、唾とかが直接飛んできてしまいますし、とても感染リスクが高いように感じます。

こういった集団感染の話を聞くと、歯医者に行くのが怖くなってしまいますよね。

虫歯で痛い方は仕方ないかもしれませんが、ホワイトニング等の治療では行くのを控えたほうがよさそうです。

 

歯科医院の名前はみなみ草津ファミリー歯科?

クラスター化してしまった草津の歯科医院の場所については、ニュース等では公表はされていませんでしたが、ツイッターでみなみ草津ファミリー歯科であることが判明しました。

報道があった22日より少し前の4月17日から5月6日までは休診となっているようです。

コロナのクラスター発生が大々的に報じられてしまったわりには休診期間が短すぎる気もしますよね。

一度コロナ感染者が出たという噂が広がると通院していた方も行きづらくなってしまうと思います。

今度はよりコロナ対策を強化して頑張って欲しいですね!

 

みなみ草津ファミリー歯科の住所は?

  • 郵便番号:525-0055
  • 住所:滋賀県草津市野路町663−1

南草津駅から歩いて5分くらいのところにあり、子連れでも通えると評判のいい歯医者さんみたいですよ!

 

草津市の歯科医院でクラスター感染にツイッターの声は?

 

滋賀県草津市の歯科医院のコロナ感染経路は?

感染経路に関しては現在、歯医者に通院している人の中でコロナに感染している人がいないか調査中で、まだ明らかになっていないそうです。

ただこの歯医者で最初に感染した50代の歯科衛生士は17日にコロナ感染が判明していたので、少し前から通院していた患者については調べているはずです。

まだわかっていないとうことは、この50代女性が歯医者以外のところで感染していたという可能性も考えられますよね。

それか患者さんの中に病状が現れていないコロナ感染者がいたのかもしれません。

 

まとめ

今回は「滋賀県草津市の歯科医院コロナ感染の場所どこ?クラスター発生の感染経路は?」と題してお送りしてきました。

遂に歯医者でもコロナのクラスター化が発生してしまいましたね。

患者との距離も近く飛沫も多く飛び散る環境なので、正直今まで出なかったのが不思議といった印象です。

今後はこういった直接お客さんと接する業種からクラスターが発生することが増えていく可能性が高いのではないでしょうか。

美容院とかも感染リスクが高そうですよね。

緊急を要するものでなければ、できるだけ歯医者は避けるべきかもしれません。

滋賀県草津市の歯科医院コロナ感染の場所どこ?クラスター発生の感染経路は?を最後まで読んでいただきありがとうございました。

>>島根県松江市でクラスター発生の飲食店はどこ?

感染予防はコチラ

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です