コロナウイルス

奈良県コロナウイルス病院どこ?感染者の感染経路やツイッターの声も紹介!

奈良県コロナウイルス病院どこ?感染者の感染経路やツイッターの声も紹介!
Pocket

この記事は奈良県コロナウイルス病院どこ?感染者の感染経路やツイッターの声も紹介!と題してお送りしていきます。

2020年1月28日に新型コロナウイルスの感染者が新たに2人発見され、奈良県在住の60代男性と武漢市からの旅行者である40代男性であることがわかりました。

そのうち奈良県在住の60代男性は奈良県内の医療機関を受診し、その後入院しています。

そこで今回は奈良県在住の60代男性が入院している奈良県のどこの病院なのか調べてみました。

感染者の感染経路やツイッターの声とあわせて紹介していきますので、気になる方は是非ご覧になってみて下さい!

 

奈良県コロナウイルス病院どこ?

コロナウイルスの感染者は今回で6人となりましたが、その中で奈良県在住の60代男性は武漢の滞在歴がないことがわかりました。

武漢の滞在歴がなくて感染が確認されてのは国内で初めてのケースになります。

ニュースなどの報道ではプライバシー保護の観点からどこの病院に受診や入院しているかどうかは基本的に公表することはありません。

ただどうしてもどこの病院に入院してるかどうかは気になってしまいますよね!

コロナウイルスは二類感染症に分類されていて、厚労省が定めた指定医療期間への入院が義務付けられています。

武漢の滞在歴がなくて感染者がでたのは初めてだからニュースで凄い注目を集めてるね!
こうなることは想定できたこと出し、政府はもう少し対策が出来たんじゃないかと思ってしまうわ!

 

奈良県の指定医療機関は?

奈良県で指定医療機関になっている病院は下記の通りです。

  • 市立奈良病院
  • 奈良医療センター
  • 奈良県総合医療センター
  • 奈良県立医科大学付属病院

この4つの病院以外ではコロナウイルス感染者の受け入れは行っていないためこのいずれかの病院に入院していることは間違いないということになります。

 

入院した病院は奈良県立医科大学附属病院?

ツイッターの声では奈良県桜井市にある病院なのではという声が挙がっていましたが。現在一番有力なのが奈良県立医科大学附属病院に入院しているという情報になります。

ニュースの情報と照らし合わせてみると、1月17日に奈良県桜井市にあるのぞみ診療所に受診し、症状がよくならなかったため再度25日に受診をしました。

その後、奈良県立医科大学附属病院に入院したということになります。

この情報については確証があるわけではないですが、奈良県の指定病院は4つと少ないですのでかなり可能性が高いと思われます。

 

奈良県のコロナウイルス感染者の感染経路は?

続いて奈良県在住の60代男性の感染経路についてご説明していきたいと思います。

この奈良県の男性の職業はバスの運転手で1月に2回に渡り、武漢からのツアー客をバスに乗せています。

バスツアーは1月8日~1月11日と1月12日~1月16日に行われました。

奈良県在住の60代男性は1月14日に悪寒やせきなどの症状を訴えて、17日に病院に通院しています。

その後コロナウイルスと判断されたとのは1月28日です。

ここで一番の問題なのは、コロナウイルスに感染していることがわかるまでに2週間以上も経過してしまっているということです。

このバスツアーに参加している方はもちろん、この2週間の間に他の人達にも感染してしまっているという可能性があります。

またこのバスツアーは東京~大阪間の観光を行っていたため、今回の感染で全国規模に広がってしまうかもしれません。

今後もますます感染者が拡大していくのではないでしょうか。

これから全国的に広がっていってしまったらどうしよう?
自分だけは大丈夫とか思わず、うがい手洗いやマスクを装着することは徹底しなくちゃだめだね!

 

奈良県でコロナウイルス感染者が出たことにツイッターの声は?

 

奈良県コロナウイルス病院のまとめ

今回は奈良県コロナウイルス病院どこ?感染者の感染経路やツイッターの声も紹介!と題してお送りしてきましたが、どうでしたか?

中国で猛威を振るっているコ新型コロナウイルスの感染者が日本でも増えてきてしまっています。

1月から2月にかけてはインフルエンザも流行していますし、手洗いうがいをしっかり行って、外出時にはマスクを着用するよう心がけましょう。

今後新型コロナウイルスの感染者が増えないことをただただ祈るばかりです。

東京オリンピックにも影響が出ないかとても心配になってきました。

奈良県コロナウイルス病院どこ?感染者の感染経路やツイッターの声も紹介!を最後まで読んでいただきありがとうございました。

Pocket