ワンピース

ワンピースドレーク正体は海軍のスパイsword隊長?カイドウを裏切り味方になるのか考察

ワンピースドレーク正体は海軍のスパイsword隊長?カイドウを裏切り味方になるのか考察
Pocket

現在ワノ国編に入っているワンピースでは、重要な情報が次々と出てきています。

空白の100年やラフテルなど今まで長い間疑問だった点に少しづつ近づいていますね。

新世界で初登場を果たしたドレークは海軍を辞めて海賊に落ちたということでしたが、実は現在でも海軍に所属していることが明らかになりました!

しかも、海軍機密部隊swordという特殊な任務を受け持つ隊の隊長ようです。

海軍ということは、現在スパイ活動で所属している海賊団の船長であるカイドウへの裏切りが気になりますね。

ルフィ達の味方になるのかもと考えるとワクワクしてきますね!

ワンピースドレーク正体は海軍のスパイsword隊長?カイドウを裏切り味方になるのか考察と題して今後について考えていこうと思いますので、ぜひ見てくださいね。

 

ワンピースドレーク正体は海軍のスパイsword隊長?

「海軍本部機密特殊部隊sword隊長 X・ドレーク」の文字を見た時に衝撃を受けなかった読者はいないでしょう!

ドレークに関しては、「裏切りフラグが立っている」「実はまだ海兵なんじゃないか」など以前からカイドウの元にいることに違和感を感じていた方も多かったんじゃないですか?

ドレークと言えば、元海軍という経歴で海賊になったとされていた人物。

現在の行動の理由や目的なども今はわかりません。

しかし、所属が機密部隊ですから、重要な任務を任されていることは間違いないですね。

ソードとドレークについて見ていきましょう。

 

ドレークの経歴とは?

まずはドレークの経歴についてですが、海軍や海賊とは幼いころからかかわっている人物です。

というのも、彼の父親が海軍少将を務めていたことから始まります。

彼はそんな父親にあこがれを抱いていたという設定があることはすでに作者から明かされています。

どんな理由があったかは現在わかりませんが、彼の父親はその後海軍を抜け、海賊になります。

ドレークは父親に暴力を振るわれるようになりながらもそれについていくのです。

そして、ドフラミンゴとかかわり、彼以外が殺されたことをきっかけに海軍に保護されその後海軍になります。

そして彼の父親が海軍を抜けた時の地位と同じ海軍少将の時に、同じように海賊となります。

ここでなぜ父親と同じ道をたどることになるのか疑問に思う読者も多かったと思います。

ここまでが今までわかっていた情報でしたが、ワノ国編で実は現在も海軍本部に所属していることが判明したというわけですね。

それが本部所属の機密部隊swordということも一気に明かされました。

でもこの部隊の名前を初めて聞きましたがいったいどんな組織なんでしょうか。

>>ドレークの父が海軍をやめた理由は?

 

海軍swordの目的は?

この組織については情報は多くありません。

機密部隊ですから、秘密裡に動かなくてはならない任務を遂行する部隊ということですよね。

海軍は海賊のせいで世界に悪影響が及ぼされるのを危惧しています。

そのためにはやはり海賊の動向を把握する必要がありますよね。

特に影響力が強い四皇について情報を集めることは必須となってきます。

ドレークはカイドウの元で動いていましたが、最終的な目的については別としても直接カイドウを倒すというより、情報を集めていたとみていいと思います。

そして、海軍もまた秘密の多い組織です。

もしかすると海軍の闇を暴くために海軍にも秘密に作られた組織なのでは?との考察もあります。

>>海軍機密部隊swordのメンバーは誰?

 

ワンピースドレークはカイドウを裏切り味方になるのか考察

現在カイドウの元で飛び六砲として活動しているドレークが現在でも海軍に所属しているとくれば、カイドウを裏切るのは既定路線でしょう。

カイドウを倒すと息巻いているルフィ達とは海賊と海軍、敵対する間柄です。

しかし、カイドウの敵という位置関係は同じですよね。

ここが手を組むのかどうか気になるところです。

カイドウとビックマムは同盟を組むことがわかっています。

四皇同士の同盟となれば戦闘力が計り知れませんが、その情報を知りつつサカヅキは放置すると宣言していますので、海軍でワノ国に関して動くのはswordのメンバーのみの可能性が高いと考えられます。

もし捕らわれの身になっていたローを逃がしたのがドレークだとすれば、カイドウを倒そうとしているルフィ達に加担するというという展開も考えられます。

ルフィ達とスモーカーが共闘したことがあるように、状況によっては一時的に海軍とともに戦う可能性は十分に考えられます。

ドレークがいつまでカイドウの元に潜入を続けるのか、そして自らの正体を明かしてまで敵対するのかという点がわかればswordの目的も見えてくるのかもしれません。

 

実は二重スパイ?

ドレークが海賊になってからのことは詳しく明かされていないので、実は本当に海賊になっていて、あとから海軍に声をかけられて戻ってきた可能性もあります。

その場合でも再度海軍として生きることを決めている場合もあるでしょう。

でも、海賊として海軍でスパイとして活動している可能性もないわけではありません。

実際にネットではその可能性について予測をたてている人もいるようです。

世界政府はドフラミンゴを介して、海賊と戦うための武器を仕入れていましたから、そのルートを確保していくためにカイドウ側から海軍に送られたスパイの可能性も考えられますよね。

 

まとめ

ワンピースドレーク正体は海軍のスパイsword隊長?カイドウを裏切り味方になるのか考察と題してドレークやswordの目的について考えてきましたが、いかがだったでしょうか。

ドレークの正体についてはかなりの衝撃と期待感を与えてくれましたよね。

46億1110万ベリーの賞金がかかっているカイドウの元にスパイとして潜入する任務とはいったいどのような目的があるのでしょうか。

おそらくワノ国編のキーマンとして深くかかわってくるに違いありません。

ドレークは海軍swordの隊長ですから、カイドウへの裏切りがほぼ確定していると言ってもいいと思います。

もしルフィ達とともに戦うとしたらとても心強い味方になりそうです。

ワンピース、ワノ国編は絶対見逃せないですね!

今後も様々な視点で考察を続けていきますので、ぜひチェックしてくださいね。

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です