光が死んだ夏のキスシーンは何話?BLなのかも詳しく解説!

光が死んだ夏のキスシーンは何話?BLなのかも詳しく解説! 光が死んだ夏

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「光が死んだ夏のキスシーンは何話?BLなのかも詳しく解説!」をご紹介していきます!

2021年8月に連載が始まった『光が死んだ夏』がここ最近かなり話題になっています。

中でも、作品人気が高まると共に「どうやらBL作品らしい?」という噂も出てきて気になっている人も多いのではないでしょうか。

また、そんな『光が死んだ夏』ではキスシーンがあるのか知りたいという人もいるようです。

そこで、今回はキスシーンやそもそもBL作品なのかについても調査してきました。

それでは早速、「光が死んだ夏のキスシーンは何話?BLなのかも詳しく解説!」を見ていきましょう!

 

光が死んだ夏のキスシーンは何話?

結論からお伝えすると、『光が死んだ夏』のキスシーンは5巻までの内容では登場しておりません。

確かにこの作品では、光とよしきの関係性についても焦点を当てて描かれていますが、性的な描写についてはありません。

どちらかというと「友情」に近い文脈として捉えられる部分が大半だと思います。

また調査したところ、キスシーンについて気になっている方は、まだ作品を読んだことはない方がどういったテイストなのか気になっている人が多いようでした。

『光が死んだ夏』がBL作品なのではないかという噂もあって、性的な描写も込みの作品なのか知りたいという人たちがいたようですね。

 

光が死んだ夏はBL漫画なの?

『光が死んだ夏』に関して、BL漫画なのかという噂があるのでこちらについても調査してきました。

調査したところ、BL漫画の類ではないということが分かりました。

実際、各種の電子書籍のカテゴリを確認しましたが「女性マンガ」に分類されています。

「このマンガがすごい!2023」ではオトコ編1位というのが少し違和感もありますが…笑

BLのカテゴリに入ってないということは、著者としてもBLとして押し出していないということだね。

しかし、なぜBL漫画ではないのにこういった噂が出ているのか気になる人もいますよね。

漫画を読んでいるとよしきと光の少し過剰な友情がBLと錯覚させるという声も上がっていました。

確かに、「友情」よりも行きすぎている「愛情」「執着」のようにも感じました。

大好きだった友人が「ナニカ」という別物に変わってしまったが、どこか2人は繋がっている。

そんな関係性にBL味を感じてしまうオタクもいるようですね。

 

光が死んだ夏がBLならどっちが受けで攻め?

そもそも、BL作品ではないということはお伝えしました。

ただ、もし仮にBLだと捉えるならどちらが受けで攻めなのか考察していきたいと思います。

作品の描写を見ていくと、以下のような関係性としてみれるのではないでしょうか。

  • 光=受け
  • よしき=攻め

特に、序盤でよしきが光の体の中に手を入れ「ナニカ」に触れる場面は、それに近いものが感じられると思います。

実際、触れられた光は「気持ちい」という風に表現していたことからも、どっちかと言われると光が受けと考えられそうです。

正直このシーンに関しては、BL味を感じざる得ない官能描写となっていましたね。

 

まとめ

この記事では、「光が死んだ夏のキスシーンは何話?BLなのかも詳しく解説!」と題してお送りしました。

結論、『光が死んだ夏』の5巻までの内容を加味するとキスシーンはありませんでした。

また、今後もキスシーンは描かれることはないのではないかと思われます。

BL作品なのかという噂も上がっていますが、電子書書籍等では「女性マンガ」に分類されていることからもBLとしての作り込みはされていないことが分かります。

確かに、2人の少年が友情以上に体を触れ合っていたシーンなどから「BLなのでは?」と感じてしまう人がいるのも無理はないというところですね…

作者も実はジャンルはよく分からずに描いているということからも、BL要素がないとは言い切れないのかも知れません。

以上、「光が死んだ夏のキスシーンは何話?BLなのかも詳しく解説!」でした!

タイトルとURLをコピーしました