光が死んだ夏の舞台の村は三重県?モデルはモクモクれんの祖母の家?

光が死んだ夏の舞台の村は三重県?モデルはモクモクれんの祖母の家? 光が死んだ夏

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「光が死んだ夏の舞台の村は三重県?モデルはモクモクれんの祖母の家?」をご紹介していきます!

『光が死んだ夏』という漫画作品が話題になってきてますが、舞台がどこなのか気になっている人も多いようです。

実際、作品内では山や村の雰囲気が特徴的で一体どこなのか知りたくなりますよね。

いまどき、リアルの舞台を作品で扱っていると聖地を回りたい人もいると思います。

さらには、標準語ではなく方言も使われているため「どこの方言なんだ」と思っている方もいると思います。

そこで今回は、以下について調査していきたいと思います!

  • 『光が死んだ夏』の舞台の村がどこなのか
  • 『光が死んだ夏』の方言は何弁なのか

それでは早速、「光が死んだ夏の舞台の村は三重県?モデルはモクモクれんの祖母の家?」を見ていきましょう!

 

光が死んだ夏の舞台の村は三重県?

『光が死んだ夏』の舞台の村を調べたところ、三重県の山間部の田舎を舞台としていることが分かりました。

実際に、作者であるモクモクれんさんは「どこかの場所とのコラボレーションは面白そうだな。」ということで、リアルの地を取り上げることに意欲的だったようです。

また、「登場人物に特徴的な方言を使わせたかった」という意図もあったようです。

その結果、作中の町の雰囲気にも合う三重県を中心とした東海地方を選ぶに至ったとコメントしてます。

さらに聞くところによると、作品が人気になってから三重県の本屋さんは「このの作品の方言は三重弁なんです。」といったように推してくれたりしているようです。

そういうった心意気から、モクモクれんさん自身も地方の方にもっと還元していきたいと考えているようです。

 

光が死んだ夏モデルはモクモクれんの祖母の家?

作中の一番最初に出てくるアイスクリームを買った商店ですが、モデルはモクモクれんの祖母の家のようです。

山が目立ちますが、海も近くにあるような立地で家がみっちりと密集していた場所が描かれています。

そして、実は近所の風景などは両親と帰省していた際に見た風景がモデルになっているようです。

ただ、細かい場所についての住所などは明らかになっていません。

聖地を巡りたい方にとっては残念ですが、より詳しい場所が明らかになり次第情報は更新していきますね。

 

光が死んだ夏には岐阜弁が良く出てくる?

『光が死んだ夏』の舞台は三重県で方言に関しても三重弁が使われいていますが、岐阜弁も出てきているのではないかと話題になっているようです。

調べてみると、確かに岐阜で使われている方言も出てきているようです。

例えば、「ツル」「エライ」「ケッタ」という方言です。

それぞれ、意味としては以下のような意味のようです。

  • ツル:机を運ぶ
  • エライ:しんどい
  • ケッタ:自転車

ちなみに、岐阜弁と三重弁の違いについて調べてみたところ方言の由来は以下のように分類されるようです。

  • 岐阜弁:名古屋弁
  • 三重弁:関西弁

〇〇弁という括りでは異なりますが、表現によって被る単語もあるようなので「岐阜弁なのでは」と感じた人もいるようです。

ただ、筆者の意図としては三重県を舞台にしていると明言しているため、方言は三重弁ということになりますね。

 

まとめ

この記事では、「光が死んだ夏の舞台の村は三重県?モデルはモクモクれんの祖母の家?」と題してお送りしました。

調査したところ、『光が死んだ夏』の舞台の村は三重県だということが作者のモクモクれんさんから明言されていました。

さらに、モデルとなった商店はモクモクれんの祖母の家のようですね。

商店の近所などは両親と帰省する時に見ていた光景だったということだそうです。

そして、度々作品で出てくる方言については三重が舞台ということから、三重弁ということになりますね。

ただ、岐阜弁とも方言が同じものもあるため岐阜弁なのではないかという声が出ているようでした。

以上、「光が死んだ夏の舞台の村は三重県?モデルはモクモクれんの祖母の家?」でした!

タイトルとURLをコピーしました