喧嘩独学の死亡キャラ一覧!死因や実は生きていたキャラも解説!

喧嘩独学の死亡キャラ一覧!死因や実は生きていたキャラも解説! 喧嘩独学

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「喧嘩独学の死亡キャラ一覧!死因や実は生きていたキャラも解説!」をご紹介していきます!

皆さんは「喧嘩独学」をどこまで読みましたか?

本作品では、個性溢れる様々なキャラクターがいますよね。

喧嘩をテーマとするだけあってヤクザや犯罪者による暴力シーンもあり、重い過去を持つキャラクターも多いですよね。

中には死亡してしまうキャラクターもいます。

一方で、ファンから死んだかのように思われていたキャラが、実は生きていたなんてこともあります。

死亡したキャラクターは一体なぜ、どのように死んでしまうのでしょうか?

今回の記事では、そんな「喧嘩独学」の死亡キャラを一覧で紹介していきたいと思います!

それでは早速、「喧嘩独学の死亡キャラ一覧!死因や実は生きていたキャラも解説!」を見ていきましょう!

 

1話61円➡︎18円
今なら70%OFFクーポン6枚GETできる!


喧嘩独学を今すぐ読む!

※クリックできない場合はクーポン終了

 

喧嘩独学の死亡キャラ一覧・死因は?

まずは喧嘩独学で死亡してしまったキャラクターの一覧です。

脇役から主要キャラまで意外と人数が多いですね。

深堀していくと、死因は因果応報としか言いようがない人から、理不尽な境遇にさらされていた人まで様々でした。

 

長瀬兄妹の母親

死因:自殺

長瀬道成・小雪兄妹の母親は、夫から暴力を振るわれていました。

彼女は夫の暴力を許し続けていましたが、ついに耐えられなくなり自殺してしまいます。

この出来事は、長瀬兄弟の人生に暗い影を落としていくきっかけになります。

 

宅間圭

死因:暴走族に袋叩きにされる

宅間圭は新庄玲央の中学校時代の友人です。

彼は父親の「いい子でいなさい」という言いつけに従順で、まるで人形のように生きていました。

そんな宅間を新庄がテコンドーに誘ったことで二人は友情をはぐくんでいきます。

ところが、ある日新庄を狙った暴走族に誘拐されて袋叩きにされてしまいます。

新庄が急いで駆けつけて救急車を呼び、病院に搬送されますが、処置が間に合わずに息を引き取りました。

この事件は新庄の心に深い傷となって残ることになります。

 

佐伯コージの母

死因:柔道のコーチに包丁で刺される

佐伯コージの母親は、母子家庭を水商売で支えながらコージを育てていました。

ある時、コージは柔道の八百長試合を持ち掛けられて、3000万円の報酬と引き換えに承諾します。

しかし、その試合で稼いだ3000万円を母親が柔道のコーチにだまし取られるという事件が起きました。

それに激怒したコージが柔道のコーチに殴りかかり、その間に入った母親は包丁を持ったコーチに刺されて亡くなります。

 

佐伯コージの父

死因:コージ(息子)に殺害される

コージの所属する極道の組から金を盗み、暗闇の中で何も知らないコージに殺されてしまいます。

お金が入ったカバンの中には「コージごめんな」と書いたメモが残されていました。

コージはお金を盗んだ男が自分の父と知らされておらず、絶望します。

 

佐伯コージの柔道のコーチ

死因:コージに包丁で刺される

柔道のコーチは、佐伯コージの八百長試合をタネに彼の母親をゆすり、報酬をだまし取っていました。

そのことを知って怒ったコージに、包丁でメッタ刺しにされ、殺されてしまいます。

 

佐伯コージ

死因:「名無し」に銃で撃たれて死亡

コージは権力を手に入れるため、犯罪者集団のトップである西羅や政治家の山岡と手を組みます。

しかし、最終的に彼らに切り捨てられ、「名無し」という暗殺者に始末されてしまいます。

彼の死は本作品の大きなターニングポイントとなり、主人公たちに生きる意味や真の強さとは何かを考えるきっかけを与えることになりました。

 

猪俣麻衣子

死因:西羅の手下に車を爆発させられ死亡

猪俣麻衣子は、検察官であり、佐伯コージの恋人です。

コージの死亡後、西羅を追い詰めるため主人公たちと協力関係を結びます。

しかし、決戦間際に西羅に隠れていた場所がばれてしまい、自身の車を爆破され死亡します。

 

仲村徹

死因:西羅の手下による殺害

仲村徹は、西羅が幼少期からサイコパスである事を認識し、長年負っていた刑事です。

西羅は、自身の周囲を嗅ぎまわる仲村刑事の存在を疎ましく思っていました。

ある時、麻薬栽培の案件に西羅の影を感じた仲村は、部下の田淵と車で現場に向かいます。

しかし、田淵は西羅の配下でした。

田淵は仲村刑事のシートベルトを外し、そのまま車を加速して壁に激突させます。

仲村刑事は対処が間に合わずに体を強く打ち付けて亡くなりました。

 

大久佐克典

死因:西羅に首を絞められて死亡

大久佐克典は予備校『眞性学院』の校長です。

しかし、予備校とは表向きの方便で、その内実はヤクザの養成所でした。

光太をはじめとした特待生たちの反逆、そして乗り込んだ警察によって逮捕目前のところまで追いつめます。

しかし、発見された校長はすでに首を吊って死んでいました。

犯人は西羅で、予備校ごと奪うために自殺を装って殺害されてしまいます。

 

華嶋竜二

死亡:貯水池に沈められる

華嶋竜二は家出少女たちの臓器売買を行う犯罪組織、華竜会のボスです。

彼は行方不明者捜索の依頼を受け、潜入捜査に来た新庄と闘うことになります。

屈強な男ですが、チェーンを足に巻き付けた新庄の蹴りの欧州に耐え切れず、大けがを負い失神します。

その後しばらく気絶していましたが、逃げる時間を稼ぐために光太に起こされ、そのまま敵対した水野と闘うことになりました。

しかしあえなく敗北し、貯水池に沈められて死亡します。

 

畠中英昭

死因:刑務所内で暗殺される

畠中英昭はニューショッピングモールの創業者であり会長です。

世間ではクリーンなイメージがありますが、裏では多額の裏金を溜め込んでいた悪人です。

西羅の提案により、裏金の一部を公表し逮捕されますが、残りの裏金を西羅に預けるという策略を取ります。

しかし、それは西羅の嘘であり、獄中で送り込まれた刺客に殺されてしまいます。

 

ウィ・ピョンオ

死因:黒岩にナイフで急所をさされた後、貯水池で溺死

香港の闇社会で追われる身となるが、眞性学院からのスカウトを受け日本へ。

水野と出会った事がきっかけで西羅の組織へと加入した。

警察へ捕まった香港の仲間を救うため、志村に協力するが、西羅にバレた事で黒岩に殺害される

 

土井界人

死因:転落死

土井界人は244がオーナーの撮影スタジオで働いており、少年院時代に伝説となったボクサーです。

その実態は裏社会の人間で、西羅の一番の側近でした。

作中では志村の身辺調査のほか、西羅の命を受けて暗躍します。

最終決戦では長瀬に敗北し後、西羅に裏切られ高所に居たところを警察に銃で撃たれてそのまま転落死という最期を遂げます。

 

バブガイ

死因:崖から転落死

バブガイはモンゴルの伝統格闘技「ブフ」の使い手です。

眞性学院の特待生になれるほどの実力者でした。

大金を手に入れるために西羅の配下につき、扇達也と対決します。

最後は崖の上での達也との勝負の途中で二人とも谷底に転落してしまいます。

その際、敵対していた扇を崖の上に登らせて助けた後、自身はそのまま絶命しました。

 

西羅志郎(にしらしろう)

死因:溺死

普段は「244」の名で活動している美容・動物系ニューチューバー。

裏の顔は国際犯罪組織「新国際派」のトップであり、今作のラスボス。

船上で志村との最終決戦後、ガソリンに引火して船が爆発。

意識の世界で、佐伯コージや部下と会話した後に地獄へと引き込まれていく。

発見した警察によると、体が膨らみ、魚にも噛みちぎられて判別が難しい状態だったとのこと。

足首にロープが引っかかっており、溺死したと判断される。

 

喧嘩独学で実は生きていたキャラは?

喧嘩独学は暴力をテーマとした漫画なので、死亡するキャラクターも多いです。

しかし、死んだと見せかけて実は生きていることが判明したキャラクターもいます。

具体的には、以下の5名が挙げられます。

  • 村上直哉
  • 長瀬道成
  • 新庄玲央
  • 長瀬小雪
  • 増田刑事

 

村上直哉

村上直哉は光太とそっくりな外見で「喧嘩オタク」というパクリチャンネルを運営していた人物。

コージが代表を務める「XJカンパニー」に所属しており、コージの命令で「喧嘩独学」チャンネルの運営権を奪おうとした。

34話では、志村達に敗北したことでコージに切り捨てられ、熱湯の入った窯の中に入れられてしまうが、生きていた。

その後は志村たちに協力していく!

 

長瀬小雪

長瀬小雪は、長瀬道成の妹で、暴露系ニューチューバーをしています。

45話で彼女は、道成が光太に敗北し、動画を削除された現実を認めることができず、橋から海に飛び降りてしまいます。

そのまま溺死…かと思いきや、自力で陸まで泳ぎ着いて一命をとりとめました。

 

長瀬道成

長瀬道成は「XJカンパニー」に所属で、小雪が運営する、「ワンパンチTV」のカメラマンをしていたが、コージと決別した後は志村たちの仲間になる。

78話で目黒ルミが騙され、ハードコアフィルムの撮影をされそうになるのを救うために244の部下である土井と戦闘に。

その戦いの途中、244に拉致され、殺害されたに見えたが無事で244に開放された。

 

新庄玲央

新庄玲央は、元プロのテコンドー選手です。

当初はテコンドーの経験をカツアゲに使い、光太と対立していました。

しかし、光太に敗北してからは彼を認め、協力的になります。

物語の終盤195話で新国際派のボス・西羅に銃で撃たれ、意識を失いますが、死亡するには至らず生還しました。

 

増田刑事

西羅に殺害された仲村徹の同僚だった刑事で、志村たちに一番協力的な刑事。

193話では西羅たち新国際派を捕まえるため、貯水池で志村たちと共に戦うが、西羅の車に轢かれる。

そして213話で船上で西羅との最終決戦では西羅に背後から銃で撃たれる。

といったように、2度も死んでもおかしくないような出来事に見舞われるが、どちらも無事に生還。

とんでもない生命力の持ち主と思われる。

 

まとめ

この記事では、「喧嘩独学の死亡キャラ一覧!死因や実は生きていたキャラも解説!」と題してお送りしました。

あなたはだれのエピソードが気になりましたか?

個人的には、佐伯コージの親しい関係者が軒並み犯罪に巻き込まれて亡くなっていることに衝撃を受けました。

そのうえ、その過程で信頼していた恩師や上司に裏切られてもいるので、これだけのことがあれば人格形成に問題が生じてもおかしくないと感じます。

なお、「喧嘩独学」は既に完結済みのマンガですので、すでにそれぞれのキャラがどのような顛末をたどるかは判明しています。

亡くなったキャラクターが生き残ったキャラクターにどのような影響を与えたのか、実際に読んで確かめてみてくださいね。

以上、「喧嘩独学の死亡キャラ一覧!死因や実は生きていたキャラも解説!」でした!

タイトルとURLをコピーしました