薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは? どっちが人気でアニメに近い?

薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは? どっちが人気でアニメに近い? 薬屋のひとりごと

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは? どっちが人気でアニメに近い?」をご紹介していきます!

原作がかなり人気でアニメ化もされた「薬屋のひとりごと」。

最近では、雑誌・テレビでも人気作品として紹介されていることから、読んでみようと調べてみた人も多いのではないでしょうか。

いざ読もうと思ったら、同じ題名で2冊の出版社が違う漫画があり、驚いた人もいるかと思います。

今回は、

  • 漫画を読みたいと思ったら2冊あってどっちがいいのか分からない
  • どちらが小説の内容に近いのか
  • どちらがアニメの内容に近いのか
  • どちらの方が人気なのか

と多くある疑問に、お答えしたいと思います。

それでは早速、「薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは? どっちが人気でアニメに近い?」を見ていきましょう!

 

薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは?

結果をいうと。二冊の作品に大きな違いはありません。

どちらも日向夏さんの小説の流れと、しのとうこさんの構成原案を漫画にしたものなので登場人物の見た目や性格も殆ど変わりません。

しかしファンタジー、ミステリー、ラブコメ要素のある本作。

ミステリー重視で読みたいか、ラブ要素重視で読みたいかで変わってくると思います。

それでは二冊の漫画の特徴について詳しく説明していきたいと思います。

好きな方を見つけてください。

 

ビッグガンガン(スクエアエニックス)版の特徴

作画 構成
ねこクラゲ 七緒一綺

ビックガンガンの対象読者は10代から40代の男性としています。

そのため10代の男の子でも読みやすいように一つ一つの事件にラブ要素を強め、説明も多くしていて読みやすくしている印象です。

ただ、謎解きの部分が軽く描かれているため物足りなさを感じる方もいるかもしれません。 

そして絵は少し幼く感じるタッチで柔らかく、可愛いく、少女漫画を読んでいるような感覚です。

ラブ要素が強いので第一巻で猫猫が任氏に頼まれ、媚薬を作成した時、お礼に任氏が猫猫の首筋にキスする姿は、ドキドキする位の色気があります。

 

サンデーGX版の特徴

作画 原作
倉田三ノ路 日向夏

サンデーGXの対象読者は中高生以上で青年漫画とされています。

ガンガンよりも年齢層が上に設定されているため、猫猫の後宮謎解き手帳と題名に入っている通り、謎解きに重点がおかれています。

また絵が少し大人っぽく、線が細く描かれています。

こちらは第一巻の猫猫が任氏に頼まれ、媚薬を作成した時、お礼に任氏が猫猫の首筋にキスではなく指で撫でる程度で描かれています。色気と言うよりも綺麗と表現したくなります。

小説では軽く書かれている中国後宮のしきたりが分かりやすく会話などで補足されており、アニメでさらっと進んだ謎解きや、ちりばめられた伏線をきちんと見たいという方にお勧めです。

ちなみにビッグガンガン版よりもサンデーGX版の方がストーリーは先に進んでいます。

 

薬屋のひとりごとの漫画はどっちがおすすめで人気?

ビッグガンガン版もサンデーGX版もストーリーは小説に沿っているためあまり大きな違いがありません。

ミステリー重視かラブコメ重視、作画の好みでしょう。

それでもどちらを選んだらいいのか迷う人も多いと思います。

ではビッグガンガン版とサンデーGX版の「薬屋のひとりごと」はどちらの方が読まれているのでしょうか?

 

薬屋のひとりごとの漫画の売上はどっちが上?

2024年3月時点でビッグガンガン版、累計部数は1600万部。

2023年6月時点でサンデーGX版、累計部数は850万部(電子版含む)。

ビッグガンガン版の方が売上は上のようです。

ビックガンガン版「薬屋のひとりごと」は2019年に次に来る漫画大賞1位に選ばれ、テレビなどでも紹介されていた為、知名度が高くなったと思います。

 

薬屋のひとりごとの漫画はどっちがアニメに近い?

アニメはあくまでも小説に沿って進んでおり、漫画で削ったところも描かれています。

アニメも漫画同様、作画原案は、しのとうこさんなのでキャラクター設定に大きな違いはありません。

そしてアニメの作画はプリキュアなどを手掛ける中谷友妃子さんが担当しています。

そのため、ビッグガンガン版とサンデーGX版の両方を合わせたような作画で、可愛い中に落着きがあります。

どちらの漫画にも移行しやすいと思います。

あくまでも小説に沿って話が進んでいますが、映像がとても綺麗な為、妖艶さが際立ちます。

妖艶=色気が強いと言う事で考えるとビッグガンガン版と似ているかもしれません。

 

薬屋のひとりごとの漫画で原作小説に忠実なのはどっち?

原作の小説に忠実なのはサンデーGXの「薬屋のひとりごと〜猫猫の後宮謎解き手帳」です。

小説で書かれている謎解きを丁寧に表し、伏線がしっかり描かれています。

「薬屋のひとりごと」の小説は、言葉が足りず難しい場面があると言われています。

サンデーGX版は小説だけでは伝わりにくい部分も絵と会話で自然に補足しているため、併せて読むことでより理解が深まります。

 

まとめ

この記事では、「薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは? どっちが人気でアニメに近い?」と題してお送りしました。

結論、「ビッグガンガン版」「サンデーGX」ともに小説に沿ってお話が進み、同じ作品原案を元にキャラクターが作られているため大きな違いはありません。

  • ラブ要素が強いほうが好きなのか
  • ミステリー要素が強いほうが好きなのか
  • どちらの絵の方がが好きなのか

といった観点で選んでみてはいかがでしょうか。

「めちゃコミック」「LINEマンガ」などの漫画サイトでは数話無料で読むことができるので、まず両方読んでから好みのテイストを選ぶのもオススメです!

以上「薬屋のひとりごと漫画2種類の違いは? どっちが人気でアニメに近い?」でした!

タイトルとURLをコピーしました