ワンピース

【983話】ワンピースネタバレ最新話速報!ルフィを待ち望んでいたヤマト

【983話】ワンピースネタバレ最新話速報!ルフィ対うるティと迫るモモの助の処刑
Pocket

この記事は【983話】ワンピースネタバレ最新話速報!ルフィを待ち望んでいたヤマトと題してお送りしていきます。

前回は各陣営の動きが動きが描かれ、西軍である傳ジローはササキを捕えるというファインプレーをみせました。

ただ、チョッパー達はマムにナミ達はプロメテウスに襲われるなど、随所でピンチに陥る状況が増えてきています。

またルフィはうるティたちと出くわすことになりましたが、対決はあるのでしょうか?

オロチに処刑されそうになってしまったモモの助も心配です。

さっそくワンピース983話最新話のネタバレ速報をお送りしていきたいと思います。

 

【983話】ワンピース最新話の考察

これまで鬼ヶ島ではバレずに進攻してきましたが、各地でカイドウ軍と衝突することが増えてきました。

今後はますます荒れた展開になっていきそうです。

今後の流れや気になった点について考察していきたいと思います。

 

ブラックマリアは本当にヤマトを探す気がない?

カイドウの横にくっつき、宴を盛り上げていたマリア。

ヤマトの捜索は他の者に任せておけば十分といった感じで、大看板に挑戦することにはまるで興味がないようなそぶりをみせていました。

果たして本当にヤマトを探す気はないのでしょうか?

東軍チームのサンジがマリアの館である遊廓を訪れた際、遊女を一人も発見することができませんでしたよね。

またカイドウの城で行われていた宴では、マリア以外におもてなしている女性の姿は確認できませんでした。

ということは、マリアは自分の部下である遊女たちにヤマトの捜索を行わせているのではないでしょうか?

フーやササキも部下共を引き連れて捜索にあたっていましたしね。

 

ヤマトを見つけ出すのはフー?

ヤマトの捜索を開始し始めた飛び六胞ですが、果たして誰が見つけ出すのでしょうか?

ササキに関しては傳ジローに捕えられてしまったため、脱落といっていいでしょう。

またうるティとページワンはルフィと鉢合わせしてしまったため、捜索どころではなくなってしまいそうです。

マリアも本当に探す気がないとしたら、まともに捜索できるのはドレークとフーしかいませんよね。

ただドレークはソードの隊長であることが判明していますし、どういった行動をとるのか予測できません。

そうなると一番の有力候補に挙がるのは、フーズフーということになります。

順当にフーがヤマトを見つけ出し、クイーンに挑戦するという流れになりそうですよね。

もしくは誰もみつけられないというパターンもある気がします。

>>ヤマトはルフィ達の仲間になる?
>>ヤマトはマムの娘との結婚が嫌で逃げた?

 

カイドウはラフテルについての情報を知りたがっている?

カイドウはオロチとの会話で、カン十郎がおでんから何も聞いていないなら、ラフテルの情報は侍たちに何も伝わっていないようだと話していました。

以前、カイドウは光月の者を捕えたのであれば、聞きたい事があると語っています。

この聞きたい事に関しては、ワノ国の秘密や古代兵器なのではないかと噂されていましたが、どうやらラフテルの事を聞きだしたかったようです。

戦争を行いたいという発言や自殺願望があったりと、カイドウは変わった考えをもっていたので、ラフテルにはあまり興味がないと思っていました。

やっぱりラフテルには行きたいんですね。

>>カイドウが自殺したがる理由は?
>>カイドウが求める世界最高の戦争とは?

 

福ロクジュは光月側に寝返る?

オロチがカン十郎から赤鞘の計画を阻止することが失敗に終わったとう報告を受けた際、福ロクジュが姿を現し、現在の状況を説明していました。

この説明では、ルフィやキッド達が上陸し暴れていることは伝えたものの、港には船がなく、侍たちの目撃されていないので安心してくださいと言っています。

ただ普通に考えて、ルフィ達が現れている時点で、赤鞘や侍たちも上陸している可能性を疑うのが当然ですよね?

目撃情報がないだけで、侍たちがきていないと判断するのは無能過ぎませんか?笑

しかも少し前にルフィ達の情報が入っていたにも関わらず、すぐに報告しなかったのも気になります。

福ロクジュ達お庭番衆はオロチが将軍になるまでは、光月家に仕えていましたよね。

もしかすると、本当は侍たちが進攻しているのを知ったうえであえて報告せず、赤鞘側につくなんてこともありえるのではないでしょうか?

 

ネコマムシの名案とは?

ネコマムシはイヌアラシ達に連絡をとった際、赤鞘を乗せたローの船はすでに鬼ヶ島の最北西まで進んでいることを知らされました。

赤鞘メンバーも最速でこなければ間に合わないと心配していましたよね。

しかもローの話では海流の問題で普通の船では真ん中から接近できないようです。

ただネコマムシ余裕な表情をみせ、マルコには名案があるといっていました。

この名案とはいったい何なんでしょうか?

マルコに不死鳥の姿になって船を運んでもらうといった方法しか思いつきませんが、さすがに重くて無理ですよね。

ネコマムシが考える作戦ですから結構パワープレーな気がします。

 

しのぶ達はモモの助を救助できる?

東軍の作戦で内部に潜入するチームと裏から攻め込むチームと分かれることになった錦えもん軍。

その中でしのぶ、ナミ、キャロットは内部から侵入し、モモの助を助けるということを買って出ました。

キャロットは俊敏性がありそうですし、しのぶも忍で触れた物を腐らせることができる能力をもっているので捕らわれたものを救いだすには向いている気がします。

ただプロメテウスに遭遇してしまいましたし、モモの助はオロチに処刑されそうと、危機的な状況になってしまいました。

しかもモモの助の側にはカイドウもいるため、救助するにはかなり困難を極めます。

しのぶは目の前でカン十郎にモモの助を連れ去られたという悔しい思いがあると思うので、ここで活躍をみせてもらいたいですけどね。

>>しのぶの悪魔の実の能力や技は
>>しのぶはなぜ別人のように太った?

 

ナミはプロメテウスを手なずける?

内部からの侵入を試みたナミたちはマムのホーミーズであるプロメテウスと遭遇してしまいました。

プロメテウスはゼウスを奪われたことに怒りをみせていたので、襲ってくると思いますが、ナミはこのプロメテウスを仲間にしてしまうような気がしませんか?

ゼウスが仲間になったのはナミに脅されたことがきっかけではありますが、何より食いしん坊キャラであったため好物である雷雲を与えられたことが大きかったですよね。

プロメテウスは性格的にゼウスよりはマムを裏切らないような気もしますが、ゼウスの時のようにクリマタクトを使って、喜ぶものを与えれば、すんなり仲間になってしまうこともありえるのではないでしょうか?

ゼウスとプロメテウスをセットで仲間にできれば、ナミさん最強ですよね。

 

ウソップとチョッパーは逃げ切れる?

マムに麦わらの意味であることがバレ、襲われることになったウソップとチョッパー。

個人的な予想ではマムは記憶を一部失っているということで、襲ってこないと思っていましたが、そんな事はありませんでしたね(笑)

しかも食い煩いを起こしてる時のような勢いがあります。

ブラキオタンクによる砲撃も全く効果がありませんでしたし、逃げ切るにしても特別早いわけではないですよね。

サウザンドサニー号のように風来バーストのような機能がなければ逃げ切ることは難しいそうです。

何か秘策はあるのでしょうか?

 

マルコはなぜ村を離れることができた?

マルコがルフィにあてた伝言に関しては「遅れるが必ず行く」というものであることが判明しました。

ただネコマムシがマルコに会いにいった際、白ひげの村を守るためここを離れることができないといった感じでしたよね。

ウィーブルが白ひげの財産を狙って、白ひげ海賊団の残党たちを狩っているという情報があったので、村を離れるのは非常に危険だと考えていたのでしょう。

ではなぜマルコは村を離れることができたのでしょうか?

考えられる理由としては、七武海撤廃によりウィーブルは海軍に狙われる身となったことが挙げられると思います。

そのためウィーブルは海軍に捕らわれたのではないでしょうか?

そのニュースを知ることで、村を離れても安全だと思い、ワノ国に向かう事ができたとも考えられます。

ただこれだと確実性がないですし、遅れていくなんて伝言は残せないですよね。

そうなると可能性として、自分がワノ国にいっている間、他の白ひげ海賊団の隊長に村を守ることを頼んだといった感じでしょうか?

ジョズとか、ビスタに村の警護を頼みに行ってから、ワノ国へと現れたのではないかと思います。

 

ネコマムシはイゾウを迎えにいった事で遅れた?

マルコの元にいってから、ずいぶん長い間姿のみえなかったネコマムシですが、とうとうワノ国へと到着しましたね。

マルコに会いにいっただけにしては遅すぎるため、何かに巻き込まれてしまったのではないかとも思っていました。

ただマルコだけでなくイゾウの姿も確認できた事を踏まえてると、やはりイゾウを迎えにいっていたから遅くなってしまったという可能性が一番高そうです。

しかし現段階ではマルコがイゾウを連れてきたという線も残されています。

果たして遅れた理由は何だったんでしょうか?

ネコマムシが何をしていたかについてはコチラでまとめてみました。

>>ネコマムシはどこで何をしていた?
>>イゾウは頂上戦争後どこにいた?

 

【983話】ワンピースネタバレ最新話速報

2020年6月22日発売のジャンプに掲載予定のワンピース983話の内容が全て判明しましたので、速報でお送りしていきます。

 

闘志を燃やすペロスペロー

マルコの出現により、滝つぼへとはじき落とされてしまったマム海賊団一行。

しかしペロスペローはペロペロの実の力によって海を固め、ただ一人滝を登りきっていました。

どうやらぺロスペローは百獣海賊団との同盟に賛成していないようです。

鬼ヶ島の方をみつめ、麦わら・マルコ・キング覚悟しろ、最後に勝利を手に入れるのはビックマム海賊団だと意気込んでいました。

 

ウソップ・チョッパーサイド

マリアの遊廓の外でほっとしているチョッパーとウソップ。

マムはゼウスを奪い返すためにナミ達の方へといってしまったようです。

戦車はマムの一撃をくらった事で変形スイッチが作動し、二足歩行となっていました。

自分たちのおかげで錦えもん軍が先に進むことができたと誇らしげのチョッパー。

ウソップはサンジがついているからナミ達も大丈夫だろうと言います。

2人を乗せた戦車はガチョン、ガチョンと音を立てながら先へ進んでいきました。

 

しのぶ・ナミ・キャロットサイド。

ナミ達は遊廓の中でプロメテウスに追われていました。

プロメテウスは声を出して、マムを呼んでいます。

慌てなくてもこの先はライブ会場のため逃げ道はないと、ゆっくりと追っていくマム。

マムは能力を使い、その場にあった下駄や傘に命を与えホーミーズを作りだしていました。

走って逃げる中、ナミはキャロットにさっきサンジ君いたよね?と質問します。

しかしキャロットによるとサンジは遊女を探しにどっかへ行ってしまったそうです。

何しにきやがったんだと切れるナミ。

しのぶはとにかくモモの助を探し出して救出しましょうと言います。

モモの助救助に向かう3人の運命はいかに・・・

 

ゾロサイド

ゾロは場内で、斬っても斬っても次々と現れるギフターズに苦戦していました。

敵によるとギフターズは500人近くもいるとのこと。

早くカイドウさんに従いなさい、今ならまだ間に合う、楽になれ、と一人一人がゾロを勧誘してきます。

 

キッドサイド

キッド達もゾロと同様、場内でギフターズの大群に取り囲まれていました。

正面から突破するのは厳しかったようだというキラー。

キッドはヒート達とはぐれてしまったようだと、辺りを見回しています。

すると場内の奥の方で、なにやらトラブルが起きた様子。

カイドウ様が探しているのでお待ちくださいという声と、僕の事は気にせず、ほっといてくれという声が聞こえてきました。

その突然の状況にざわつくギフターズの者たち。

キッドはその隙に攻撃を仕掛け、一気に攻め立てるのでした。

 

オロチサイド

ライブ会場のステージの上に設置された磔台に縛りつけられてしまったモモの助。

カン十郎にぼこされてしまったため、顔は酷い状態です。

クイーンはノリノリでオロチプレゼンツの緊急特別イベントを開始すると大声で宣言。

ステージの下では部下たちが歓声を上げています。

そしてマイクを握ったオロチが登場し、ここにいるガキこそが20年前に死んだおでんの息子だとニヤケ顔で叫びました。

これには部下たちも驚いている様子。

このまま処刑が始まってしまうのでしょうか・・・

 

ルフィとうるティのバトル開始

階段から落ちてしまったぺーたんを心配するうるティ。

自分が抱きついたせいで落下したにも関わらず、それをルフィのせいにします。

それに対し、お前がそいつで階段スキーしたんだろと言い返すルフィ。

うるティはお前はどこの部隊の者だ!名乗れと叫ぶと、ルフィは「俺はルフィ、海賊王になる男だ」と言いました。

それをカチンときたうるティは海賊王になるにはカイドウ様だと言い、空中に飛びあがり攻撃態勢に。

そしてウル頭銃という頭突きを繰り出しますが、これにルフィも頭突きで応戦。

覇気を纏った2人の激しいぶつかり合いに、周りにいたギフターズはみな吹っ飛んでしまいました。

この技の威力は床に大きな穴があくほど凄まじく、ルフィは押し負けて倒れてしまった様子。

 

反撃を開始するルフィ

すると突然うるティは古代種パキケファロサウルスの人獣型に、ページワンはスピノサウルスの獣型に姿を変えました。

相手を倒したはずなのになぜ変身するのですかと驚く部下に対し、じゃ~この覇気はなんなんだよとツッコムうるティ。

ルフィは少しナメてたと言って起き上がると、すぐにうるティに飛びかかり、角を掴んで投げ飛ばしました。

そして襲い掛かってきたページワンの攻撃をかわすと、喉元にエレファントガンをおみまいします。

 

般若の仮面をつけた者

ぺーたんを倒されたことで怒ったうるティは獣型に姿を変え、ルフィの両腕を掴みます。

凄い力のため身動きがとれなくなってしまったルフィはギア4を発動させようとしますが・・・

突如、般若の仮面をつけ、長髪で、白い着物を着た者が現れ、カイドウと同じ技、雷鳴八卦を繰り出しました。

この一撃を喰らったうるティは失神。

これをみていたギフターズはその者がヤマトだと気づき、なぜうるティ様にむかってと困惑してしまいます。

そしてヤマトはルフィに対し、君が麦わらのルフィだよね?と尋ねるのでした。

 

ルフィを抱えて逃走するヤマト

その状況に戸惑いをみせたものの、ギフターズはヤマトを捕まえようとします。

するとヤマトは危害は加えないからと言い、ルフィを抱きかかえて逃走。

そしてルフィのことをずっと待ってたと伝え、自分の名がヤマトでカイドウの息子でると告げるのでした。

 

まとめ

【983話】ワンピースネタバレ最新話速報!ルフィを待ち望んでいたヤマトと題してお送りしてきました。

うるティの悪魔の実の能力やその実力がとうとう明らかになりましたね。

頭突きの威力やルフィを押さえつける力をみる限り、戦闘力はかなり高いのではないでしょうか。

また待ちに待ったヤマトが姿を現しましたが、カイドウと同じ技を使えるとは驚きでした。

ルフィを待っていた理由は次回明かされるのでしょうか?

【983話】ワンピースネタバレ最新話速報!ルフィを待ち望んでいたヤマトでした。

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です