パンプキンナイト全巻ネタバレ!最終回結末は尚子と和也が死亡する?

パンプキンナイト最終回結末ネタバレ!最後はどうなる? web漫画

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「パンプキンナイト全巻ネタバレ!最終回結末は尚子と和也が死亡する?」についてご紹介していきます!

スプラッターホラー漫画として注目を集めている「パンプキンナイト」。

残酷なイジメにより顔面が崩壊した主人公・尚子がカボチャのマスクを被り「パンプキンナイト」へと変貌。

そして、いじめっ子達へ凄惨な復讐を開始するところから始まるストーリーです。

LINEマンガでは閲覧回数も多く、先の内容がとにかく気になる!という方も多いようです。

そこで今回は、全巻のネタバレを踏まえて最終回結末の展開を予想していきたいと思います!

それでは、早速「パンプキンナイト全巻ネタバレ!最終回結末は尚子と和也が死亡する?」を見ていきましょう!

 

70%OFFの限定クーポン6枚
今ならもらえる!

クーポン利用で最安価格 645円 ➡︎195円!

パンプキンナイトを最安で読む!

※クリックできない場合はクーポン終了

 

パンプキンナイト全巻ネタバレ!

「パンプキンナイト」の単行本は7巻出版されていますが、最終回は迎えていません。(※2024年5月時点)

すでに1章は終わっており、2章の物語が始っています。

簡単に巻数と章の関係をまとめると、以下の通りです。
1章 2章
1巻-4巻 5巻以降

ここでは、すでに明らかになっている内容を踏まえて結末・ネタバレを一挙にご紹介していきますね。

最後にはパンプキンナイトの最終回結末の考察も交えて解説していきます!

早速各話のあらすじを振り返っていきましょう。

 

パンプキンナイト1巻ネタバレ:パンプキンナイト誕生

ある日、中谷明日美という女子高生がSNS上で「パンプキンナイト」という見知らぬ人物からフォローされるところから物語が始まります。

明日美は興味本位でフォローバック。

すると、パンプキンナイトという人物から突然の殺害予告が…。

それと同時に家のインターホンが鳴り、怖がりながらも訪問者を確認する明日美。

明日実は、訪問者が宅配業者であることが分かりついドアを開けてしまいます。

すると、宅配業者はすでに殺されており、後頭部が大きくえぐりとられていました。

急いでドアを閉めた明日美ですが、かぼちゃのマスクを被ったパンプキンナイトが姿を表し、あっという間に背中を刺され、顔面をえぐりとられます。

そのまま明日美は車に轢かれ、惨い最期を迎えるのでした。

実は、パンプキンナイトは第1巻ですでにその正体が明かされています。

その正体とは、桐乃尚子という女の子でした。

かつて酷いイジメを受けた黒木鳴人、荒太、咲紀、和也に復讐するためにパンプキンナイトとして活動していたのです。

全く関係のない人達までも容赦なく巻き込んで、残忍な殺戮をしていきます。

明日美の次にターゲットになったのは咲紀。

咲紀は尚子の策略により、明日美の葬儀の棺に入れられ、生きたまま焼かれそうになります。

全身に火傷を負い、丸焦げになりながらもなんとか助かった咲紀は病院の集中治療室に運ばれます。

しかし、集中治療室を覗くパンプキンナイトの姿が…!

それに気が付き恐怖で悲鳴を上げる咲紀ですが、パンプキンナイトは集中治療室に乱入してきて……

 

パンプキンナイト2巻ネタバレ:咲紀の退場と尚子の過去

パンプキンナイト(主人公・尚子)は集中治療室に乱入。

とてつもない身体能力で標的の咲紀ではなく、次々に看護師や医師を手にかけていきます。

しかし、そのスプラッター描写もさらに凄まじいことに。

そして、とうとう咲紀もパンプキンナイトによって裁かれてしまいます。

この後、尚子はお見舞いにきた咲紀の両親への復讐も果たします。

2巻でもスプラッターホラー好きには必見の、尚子の狂気の殺人描写が繰り返されます。

その描写も凄まじく、耐性のない人は気分が悪くなる可能性が高いですね。

2巻では普通の女の子だった過去の尚子の姿も描かれていますよ。

尚子はもの凄い美少女で、少し変わった口調(赤ちゃん言葉)で話しています。

これらの尚子の特徴からイジメのターゲットになってしまったのでしょうか。

さらに尚子をパンプキンナイトへと変貌させた、鳴人や荒太達の酷いイジメの内容も明かされています。

鳴人達いじめっ子にハロウィンパーティーに呼ばれた尚子ですが、そのかぼちゃのマスクにはなんと硫酸が仕掛けられており、尚子は顔が崩壊してしまいます。

本当にひどいですね….

尚子はこのハロウィン事件をきっかけに精神的にも崩壊していくのです。

そんな過去から、尚子は真犯人を明らかにするため鳴人の前に姿を見せて……

 

パンプキンナイト3巻ネタバレ:過去の事件の真相と和也の告白

3巻で鳴人に対面する尚子。

尚子は鳴人と一緒にいた女の胸を針で刺し宙づりにするなど、酷い拷問をします。

反撃しようとした鳴人に対しコンクリートブロックで頭部を容赦なく殴打。

二人を滑車とワイヤーでつるし上げ、処刑台を完成させた尚子は、その様子を生配信しながらハロウィン事件の真相を話すよう追いつめていきます。

一方でファミレスで鳴人と待ち合わせていた和也と荒太達は、その生配信に気が付き鳴人達の居場所が体育用具室であることを突き止めたのです。

そして遂に鳴人が自白します。「俺がやった…俺がマスクに….硫酸を仕掛けた…」

しかし鳴人に反省の色はなく、喜々としてハロウィン事件の様子を語るのです。

配信を見た和也は、荒太になぜ知っていたのに止めなかったのかと糾弾しますが、

荒太も口元に笑みを浮かべ、「イジメに理由なんかねぇよ、面白そうだからやっただけだ」と話します。

尚子は女を殺し、自白した鳴人を許すことなく、繋がれたワイヤーで鳴人が逃げようとすると首が吹っ飛ぶように仕掛けます。

しかし、尚子の言動から、鳴人に和也への恋心を悟られてしまうのです。

鳴人は「裏の真犯人は和也だ」と大嘘を吐き尚子の動揺を誘い、一瞬のスキをつき尚子の手にワイヤーをかけます。

ワイヤーにより右手が吹き飛ぶ尚子。

そこに駆け付けた荒太にボコボコにされますが、和也は尚子を助けて告白をします。

泣きながら抱き合う二人ですが、完全に形勢は逆転しバットで殴られ気を失ってしまう尚子と和也。

そのまま尚子たちは町の支配者である鳴人の父親・黒木達男の力によりビルの建設現場の縦穴に投げ込まれ、尚子は絶命してしまいます!

奇跡的に助かった和也ですが、尚子の死を受け入れられず泣き叫びます。

そこに現れるのは、パンプキンナイトの仮面を持った婦警で……

 

パンプキンナイト4巻ネタバレ:新たなパンプキンナイト誕生

なんと3巻で主人公・尚子が絶命してしまうという衝撃の展開になってしまいました。

しかし、パンプキンナイトはすぐさま復活。

その正体は、尚子の遺志を受け継いだ和也だったのです。

尚子の声ではないことから、和也であることはすぐに判明してしまいます。

そして、和也は3巻の最後に現れた謎の婦警に助けられました。

婦警は、黒木鳴人の父親である黒木達男に父親を殺されて、恨みを抱いていたのでした。

しかし、黒木達男は権力者のため警察が動くことはなく、復讐を果たす機会を探していました。

こうして手を組んだ和也と婦警。

パンプキンナイトとなった和也は荒太の元へ向かいます。

すると、荒太は足を引き裂かれ、背中をめった刺しにされながらもなんとか鳴人の部屋へ逃れます。

これまでの尚子の言葉やパンプキンナイトからの復讐の恐怖で、荒太は自首しようと鳴人に提案します。

しかし、ここで捕まるわけにはいかない鳴人。

こうして荒太は友達である鳴人の手によって殺されてしまいます。

黒木親子に復讐を果たすべく、パンプキンナイト(和也)と婦警が二人の下へ向かいます。

黒木に仕えるヤクザとの死闘や車に轢かれながらも、和也は黒木達男を車ごと爆発させ殺します。

なんとか逃れた黒木鳴人を追いつめ、路地裏で凄惨に殺害。

その殺害方法がまさに狂気そのもので、目を覆いたくなるような描写が続きます。

頭蓋骨を砕き、頭皮を剥ぎ取って脳みそを露出させ、そこへ硫酸を流しこんでいく….

漫画「パンプキンナイト」の真骨頂のスプラッター描写が満載です。

黒木親子への復讐を終えた和也は、ビルの屋上で鳴人の生首を持って踊るのでした…

背筋が凍り付きますね。

尚子の死により、完全に精神崩壊した和也は精神病院へ。

そして第1章のラスト、和也が尚子の遺体を埋めた山の中。

尚子の手が這い出てきて……

 

パンプキンナイト5巻ネタバレ:尚子の復活

第1章のラストでなんと生きていたことがわかった主人公・尚子。

しかし、記憶を失っていた尚子は、尚子を治療した闇医者である比嘉の「パンプキンナイトにより腐った世界を浄化する」という壮大な夢を叶えるためのダークヒーローとなっていたのです。

法で裁かれない人間に対し、鉄槌を下すダークヒーローとしてパンプキンナイトは世間でも話題になります。

比嘉の治療技術で一時的に元の美少女になっていた尚子。

元の美少女姿でグロエグい惨殺をするのが好きだという人は、5巻は必見ですね。

本当に元の尚子は綺麗で可愛いのです。

5巻ではパンプキンナイトである尚子を追う刑事が登場。

尚子を追う刑事は山中で顔の戻った尚子と遭遇し、桐野尚子は生きていると確信します。

尚子を失ったショックから精神崩壊していた和也。

刑事は精神病院にいる和也を訪問し、尚子が生きていると告げ、和也に生気が戻るのです。

それを見ていた謎の人物が何者かにメッセージを…

尚子を山中で待ち構えていた刑事は、圧倒的な力の差で尚子に殺されそうになりますが、「牧野和也が待ってるぞ!」という刑事の言葉で記憶が戻る尚子。

自分を愛し、受け入れてくれた和也の存在を思い出し号泣する尚子。

刑事は尚子に和也は精神病院にいると伝えますが、その精神病院はなんと黒木鳴人の母親・黒木沙英(さえ)が人体実験を繰り返す平山クリニックだったのです!

そして尚子自身も人体実験の材料にされていたと明かします。

病院に和也を助けに向かおうとする尚子。

比嘉がそれを阻止しようとしますが、容赦なく尚子に轢かれ、身を引き……

 

パンプキンナイト6巻ネタバレ:新たな敵の登場

黒木に捕らえられている和也を助け出すために、平山クリニックに乗り込む尚子。

警備員は次々に血祭りに上げられていきますが、黒木には勝算があるよう。

クリニックに入ろうとする尚子の前には、かつて尚子の精神治療を担当した臨床心理士のあゆみの姿が。

あゆみは尚子に”希望”を教えてくれた数少ない理解者です。

心の支えであったあゆみの登場でひるみ、次々と注射を打たれ捕らえられる尚子。

尚子は様々な検査や実験にかけられ、その特殊な身体能力や異常な体質も次々に明らかになります。

反撃のチャンスを伺っていた尚子はついに動き出しますが、改造人間の「ベビーフェイス」なる巨大な男が現れます。

しかし、尚子は性格が赤ちゃんのようなベビーフェイスを巧みにあやつり、利用していき……

 

パンプキンナイト7巻ネタ​​バレ:第三次世界大戦への火種

精神病院からなんとか逃げ延びた尚子と和也。

美しい沖縄の海に二人で行きますが、和也には実験の進行性の重い後遺症が残ってしまいます。

7巻で新たに登場するのは天才ハッカー有紀。

有紀は政府の汚職や今回の非人道的行為を明るみにし、国民の暴動を煽った陰の火付け役です。

政府は従順で死を恐れないスーパーソルジャーを作り出すべく、精神科病院での非人道的な人体実験を繰り返していました。

有紀は今回の暴動を第三次世界大戦まで発展させる様子です。

そして有紀と接触する、なぞの人物の存在や武器。

  • 有紀の意図は?
  • 真の目的は?

まだまだ、7巻では謎が深まるばかりです。

 

パンプキンナイト8巻ネタ​​バレ

パンプキンナイト8巻は、2024年6月16日時点では発売未定です。

情報が分かり次第追記致します。

 

>>『パンプキンナイト』をお手頃価格で読む裏技はこちら

 

パンプキンナイト最終回結末はどうなる?

2024年5月時点でパンプキンナイトは結末を迎えてませんが、最終回結末について予想していきたいと思います。

今回は、以下のポイントから最終回の結末に関する展開を考察していきたいと思います。

  1. 政府vs尚子の開幕?
  2. 尚子は死亡する?
  3. 和也は死亡する?

それぞれ詳細に見ていきましょう!

 

パンプキンナイト最終回結末のネタバレ予想①:政府vs尚子の開幕?

結論は、ダークヒーローとして巨悪を成敗し活躍していくのではないかと考察します。

尚子は、和也への愛と理解者のあゆみ先生が教えた希望に溢れている状態です。

そんな中、7巻では政府が秘密裏に進めてきた非人道的な人体実験が明るみにされました。

第三次世界大戦というとてつもない広がりを見せようとしている展開ですが、尚子は政府の言いなりとなって戦うスーパーソルジャーを作り出すための実験台にされたとも考えられます。

痛みや快楽を感じない特殊な体質・驚異の身体能力はまさに政府が欲しかったスーパーソルジャーの第1号なのではないでしょうか。

ここからは、日本政府の中枢vsパンプキンナイト・尚子の壮絶な戦いが展開するかもしれません。

政府の汚職と非人道的行為を正すダークヒーローとして尚子は活躍するのか、このまま大量殺戮者に変貌し追われるのでしょうか。

 

パンプキンナイト最終回結末のネタバレ予想②:尚子は死亡する?

結論、尚子は死亡するのではないかと考察します。

第3巻で荒太と抗争したことで右腕が吹き飛んだ尚子。

さらに、鳴人の父親・黒木達男の力に追い討ちをかけられ死亡したと思われていました。

しかし、5巻では復活を遂げた尚子。

明らかに人間離れしている兵器的な存在となっています。

この生命力であれば簡単に尚子が死亡することはなさそうに思いますが、復讐とはいえ残虐な行為もしてきた尚子。

生き続けてダークヒーローとして活躍し続ける展開もありそうです。

一方で、最終的には、今までの行為が祟り主人公が亡くなって平和を迎えるというところに落ち着くのではないでしょうか。

 

パンプキンナイト最終回結末のネタバレ予想③:和也は死亡する?

第3巻では、尚子が荒太にボコボコにされたところを和也が助けに入りました。

しかし、尚子は目の前で亡くなったということからパンプキンナイトに成り代わった和也。

ただ、その後精神的に崩壊してしまったことで、和也は精神病院に。

重い後遺症を患うことになってしまった和也は、死目前なのでしょうか。

和也の生死によって、尚子の精神にも大きな影響を与えそうです。

 

パンプキンナイト登場人物は?

まずは、パンプキンナイトの登場人物から整理していきましょう!

次々とパンプキンナイトの手に掛けられてしまう同級生達の情報もまとめています。

 

桐乃尚子(きりたに なおこ)

パンプキンナイトと呼ばれ、ハロウィンのカボチャを切り取ったお面を被っている。

中学時代には、おかしな格好で登校したりしていたことでいじめられていた。

いじめられていた経験から、復讐鬼に成り変わってしまった。

幼児語を使ったしゃべり方に特徴があり、周りからは奇妙がられる存在だった。

身体能力はかなり高く無慈悲な心を持っているため、殺し屋としての才能がある。

尚子の素顔がかわいいという声も多いよね。

 

中谷明日美(なかたに あすか)

パンプキンナイト(尚子)の中学の同級生。

一番最初に標的となり、自宅に訪問されナイフで殺害された。

 

牧野和也(まきの かずや)

パンプキンナイト(尚子)の中学の同級生。

明日美が殺害される寸前に連絡を受けたら、明日香の信頼する友達。

過去のいじめについてトラウマを持っており、止めようと気持ちはあったものの何もすることができなかった。

 

咲紀(さき)

パンプキンナイト(尚子)の中学の同級生。

明日美の次に標的となった人物。

 

福谷荒太(ふくたに あらた)

パンプキンナイト(尚子)の中学の同級生。

鳴人と共に、いじめの筆頭格で性格はかなり悪い。

 

黒木鳴人(くろき なると)

パンプキンナイト(尚子)の中学の同級生でいじめの主犯格。

明日美が殺害された後、一番に「やられる前にやろう」と提案した張本人。

 

パンプキンナイトを読んだ人の感想や口コミ

癖になって先の展開を追ってしまう……

パンプキンナイトって漫画に出てくる尚子って子が変わり者じゃなきゃ可愛いからもったいないなと思う。

広告でいっぱい流れてくるパンプキンナイトが気になって読み始めた。めっちゃ人死ぬってのは見たけど想像以上に死に方やばい。そんなにぐっちゃぐちゃにされてるのにまだ生きてる!?ってなってる。単行本の方が早く読めそう。

パンプキンナイトを読んでしまって、ゲンナリしている。怖い。

 

まとめ

この記事では、「パンプキンナイト全巻ネタバレ!最終回結末は尚子と和也が死亡する?」と題してお送りしました。

主人公・尚子のイジメの復讐劇から開始した「パンプキンナイト」。

しかし、徐々にパンプキンナイトの存在は大きくなり、ダークヒーローとして世間で注目もされるようになります。

さらに、政府が秘密裏に進めてきた非人道的な人体実験が明るみになり、第三次世界大戦という世界への広がりを見せているパンプキンナイト。

結末の考察に関しては、「和也の死が尚子をさらに強化し、尚子VS政府の展開になるのでは?」というものです。

スプラッターホラー漫画の最高峰とも言えるパンプキンナイト。

パンプキンナイトによる凄惨な殺害方法や、その激しい描写はスプラッターホラー漫画好きには堪らない作品ですが、パンプキンナイトはその展開や登場人物の心理描写も本当に面白いです。

ぜひ、詳しい内容が気になる方はebook japanを利用して読んでみるのもオススメですよ。

ebook japanなら最安で70%OFFクーポンも6枚もらえる♪

以上、「パンプキンナイト全巻ネタバレ!最終回結末は尚子と和也が死亡する?」でした!

タイトルとURLをコピーしました