ワンピース

シャンクス左目の傷はいつ黒ひげにつけられた?ケルベロスの爪によるものなのかも考察

シャンクス左目の傷はいつ黒ひげにつけられた?ケルベロスの爪によるものなのかも考察
Pocket

この記事は、シャンクス左目の傷はいつ黒ひげにつけられた?ケルベロスの爪によるものなのかも考察と題してお送りしていきます。

『赤髪のシャンクス』といえば、赤髪海賊団の長ですね。

ワンピースの第1巻から登場しているキャラクターですが、彼の左目の傷が印象的で気になった方が多いのではないでしょうか?

登場時もしばらくは彼の左目の傷の真相について語られることはありませんでしたね。

そこで今回は、黒ひげにいつ、どうやって左目の傷を負わされてしまったのか、またケルベロスの爪によってつけられたのか噂の真相を突き止めていきたいと思います!

 

シャンクス左目の傷はいつ黒ひげにつけられた?

彼の左目の傷はいつ、なぜつけられたのか明らかにはなっていませんが、一つ明らかになったのは、黒ひげ海賊団の長、黒ひげこと“マーシャル・D・ティーチ”がつけたということです。

彼の左目にある傷跡をよく見てみると、鋭い何かで引っかかれたという傷である、またそれは3本の直線の傷ということは見てとれます。

この3本の傷はいつ負わされてしまったのでしょうか?

 

1巻で出てきたときには?

1巻で登場した時にはどうでしょうか?

この物語の主人公であるルフィとはじめてフーシャ村で出会ったときには、≪赤髪海賊団がすでに結団されていて、海賊団のとして村を訪れていますね。

その時には左目には傷があり、それは12年前です。

そう考えると、傷がつけられたのはもっと前ということになります。

 

海賊団結成時には?

シャンクスが長を務める”赤髪海賊団”ですが、海賊旗には、はじめから左目の場所に3本の線が入っています。

となると、結団された時にはすでに傷がついていたということになりますね。

しかし、海賊団の結団された時期は不明です。

 

見習いの時は?

左目の傷は、いつ負ったのでしょうか?

”958話”の冒頭の回想シーンに左目に傷がないシャンクスが登場しました。

それは約25年前のロジャー海賊団がラフテルに到着した後のシーンだと推測します。

そう考えると、海賊団の見習い時には、黒ひげに接触してい、まだ傷はつけられていないなかったということになりますね。

これまでの話の中で、22年~24年前の話では、左目の傷が見えなくなってしまっていて、やはり明確にいつ付いた傷なのかは、はっきりしませんでした。

0巻では、ロジャーの処刑シーンがありますが、そこでもシャンクスは帽子を被りうつむいて泣いているので傷の有無が見えません。

これも24年前の話ですね。

やはり左目に傷がついた時期は明確にはわかりませんでした。

 

シャンクス左目の傷はケルベロスの爪でつけられた?

ケルベロスとは、ギリシャ神話に出てくる犬の怪物で頭が3つ付いています。

黒ひげは以前からこのケルベロスの実の能力者なのではないかという考察がなされていました。

というのは、「黒ひげの海賊旗に書かれているドクロの頭が3つ」「黒ひげは寝たことがない」といったケルベロスと共通点がたくさんあるからです。

果たしてシャンクス左目の傷は黒ひげがこの怪物の姿となった時につけられてしまった傷なのでしょうか?

噂の真相に迫っていきたいと思います。

 

左目の傷はカギ爪でつけられた?

実はシャンクス左目の傷は”カギ爪”によってつけられたことが判明しています。

それは黒ひげが昔、左手につけていた『カギ爪』です。

昔放送されていた「ほこたて」というテレビ番組で、ワンピースマニアの回があり、なぜシャンクスの目に傷がついたというクイズがだされ、「黒ひげのカギ爪によってつけられた」という解答が正解になったようです。

ですので、ケルベロスによってつけられたものではなく、黒ひげが昔持っていたカギ爪によって負ってしまった傷ということになります。

この時シャンクスも油断していたわけではないようですので、黒ひげは相当な手練れですよね。

それ以来シャンクスは、黒ひげに対して更に警戒心を持つようになりました。

しかし黒ひげが昔カギ爪を使って戦っていたとするならば、悪魔の実をこのときはまだ食べていなかったのではないかとも考えられますね。

 

シャンクスの傷跡についてTwitterの声は?

やはりなぜ傷をつけられたのかについては明かされていないので、それが気になっている人が多いようですね。

またシャンクスは2人いるのではないかという説もあがっており、傷のないシャンクスもいるのではないかといった声も聞かれます。

今後の展開がますます楽しみになってきましたね!

 

まとめ

シャンクスの左目の傷はいつ黒ひげにつけられたのか、ケルベロスの爪によるものなのについて考察して参りましたがいかがでしたか?

左目の傷はいつ負ったものなのかは、はっきりとはわかっていませんが、傷自体は黒ひげが昔付けていた『カギ爪』によってつけられてしまったものだったんですね。

また、黒ひげが複数の実を食べていてそれがケルベロスが絡んでいるのではないかという説が出ていますがそれもはっきりしていません。

今後の展開でわかるのでしょうか?

真相が出るのを楽しみに待っていようと思います!

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です