諸伏高明と安室透・黒田兵衛の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説!

諸伏高明と安室透・黒田兵衛の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説! 名探偵コナン

本ページはプロモーションが含まれています

この記事では、「諸伏高明と安室透・黒田兵衛の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説!」をご紹介します。

まずは重要な以下の3人について簡単な説明をしていきます。

1人目の諸伏高明は、「コウメイ」という呼び名をもつ頭脳派の刑事で、長野県警に所属しています

2人目の安室透はポアロの店員や公安の刑事など複数の顔をもち、現在はバーボンとして黒の組織へ潜入中です。

3人目は警視庁捜査一課の管理官であり、公安を裏でまとめている黒田兵衛になります。

この3人は、実は繋がっていることを知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、下記の通りにまとめていきます。

  • 諸伏高明&黒田兵衛の関係は?
  • 諸伏高明&安室透の関係と「36マスの完全犯罪」の謎とは?
  • 諸伏高明は黒の組織のラムの正体に気付いているのか?

それでは早速、「諸伏高明と安室透・黒田兵衛の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説!」を見ていきましょう!

 

諸伏高明と黒田兵衛の関係は?

結論をお伝えすると、諸伏高明と黒田兵衛は、同じ警察の上司と部下の関係です。

黒田が初登場したのは「県警の黒い闇」という話で、その時は長野県警の捜査一課長でした。

つまり、長野県警の本部所属になっていた高明の直属の上司が黒田ということです。

しかし事件が解決すると、すぐに警視庁へ異動した黒田。

短い期間ですが、黒田は高明の直属の上司で、今でも絶対的な存在力を放っているように見えます。

 

諸伏高明と安室透の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説!

結論をお伝えすると、下記の通りです。

  • 諸伏高明⇒安室透(弟・景光の親友、弟の死を知らせてくれた人物)
  • 安室透⇒諸伏高明(親友・景光の兄、潜入捜査の協力を頼みたい人物)

お互いに景光を通じて知り合い、今は所属は違うけど同じ警察官ですね。

続いて、3人が関わることになる「36マスの完全犯罪」という話についてです。

事件に巻き込まれるのは、小五郎・コナン・安室・脇田の4人。

この事件の舞台である雪山の教会は、長野県にあります。

そのため、長野県警の刑事に必ず会うということが大事なポイントです。

以上をふまえて、次は諸伏高明と安室透に関して詳しく見ていきましょう。

 

諸伏高明と安室透は過去に会った事がある?

結論をお伝えすると、諸伏高明と安室透は過去に会っています!

高明が過去を思い出していく流れは以下です。

小五郎から送られてきた事件現場の動画に、安室の姿を見つける高明。

その姿は、過去にカフェで弟・景光が親友だと紹介していた降谷零という人物でした…。

また同時に、子どもの頃の景光からの手紙に「ゼロ」という友だちができたと書いてあったことを思い出します。

この事により、自分に景光のスマートフォンを送った相手が安室(降谷零)ことゼロだと分かりました。

高明と安室は、景光の存在を通じて過去から繋がっていたんですね。

 

最後のシーンで諸伏高明が安室透を無視した理由は?

結論をお伝えすると、バーボンこと安室が黒の組織への潜入捜査を続けるためです。

高明が到着したシーンには、毛利小五郎・脇田兼則・安室透・コナンの4人の姿がありました。

ではなぜ、このシーンで高明と安室が顔見知りであるとばれたらいけないのでしょうか…?

その理由は、顔見知りだと知られたら、安室は公安の人間の仮の姿だとばれるかもしれないからです。

ということは、この事実を知られてはいけない人物(ラム)がこの場にいることを表しています。

高明がこの事実に気づいたのは、黒田からの電話でした。

 

黒田兵衛が電話で指示を出した理由は?

結論からお伝えすると、現場にいるラムに安室の正体を気づかれないようにするためです。

そのため黒田の電話は、「初対面のふりをして安室には接してほしい」という指示だと推測できます。

またこの指示は、高明と会った記憶がある安室でなければ出せないもの。

つまり安室から黒田に頼み、高明に出してもらった指示だと考えられますね。

 

諸伏高明はラムの正体を知っている?

本記事の結論をお伝えすると、諸伏高明はラムの正体を知っていると考えています!

上記のように、安室と高明が初めて会ったふりをする理由は、ラムに安室のことを疑われないためです。

高明は、現場に到着する前に、その場の状況と黒田の電話からラムは脇田兼則だと分かっていたと考えられます。

そして、安室と黒田も同じようにラムは脇田兼則だと思っているようですね。

さらに、次のように高明がつぶやきます。

一刻千金…一寸の光陰軽んずべからず…(時は金なり…ーと言いますしね…)
引用:漫画97巻File6のラストシーン

これらは「時間は大切だ」といった意味の言葉たちです。

せっかちと言われるラムの性格にも合いますよね。

加えて、最後に心の中でつぶやいていた「時は金なり」をアルファベットに直して、文字を入れ替えると「脇田兼則」になります。

この言葉で、高明が「あなたがラムですね。」と言い当てる、かっこいいラストシーンだと思いました。

 

まとめ


この記事では、「諸伏高明と安室透・黒田兵衛の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説!」と題してお送りしました。

本記事の結論は下記の通りです。

  • 諸伏高明&黒田兵衛は、警察の上司と部下(以前、同じ長野県警に所属)の関係。
  • 諸伏高明&安室透は同じ警察官、景光を通じて昔からの知り合いである。
  • 「36マスの完全犯罪」の時に、高明が安室を無視した理由は、現場にいるラム(脇田)に安室を疑わせないようにするため。
  • 高明は、脇田兼則がラムだと見抜いている。

ついに高明が、黒の組織の存在を知りました…!

コナン達と協力しながら黒の組織を壊滅させてほしいですね。

以上、「諸伏高明と安室透・黒田兵衛の関係!「36マスの完全犯罪」の謎も解説!」でした!

タイトルとURLをコピーしました