MENU
イベント

聖火ランナー芸能人の選考理由は?みやぞんが岐阜で選ばれたのはなぜ?

聖火ランナー芸能人の選考理由は?みやぞんが岐阜で選ばれたのはなぜ?
Pocket

この記事は聖火ランナー芸能人の選考理由は?みやぞんが岐阜で選ばれたのはなぜ?と題してお送りしていきます。

2020年の東京オリンピックの聖火リレーのランナーが決定しましたね。

聖火ランナーには芸能人のタレントやスポーツ選手ら有名人も続々と内定しています。

そんな中で在住地が東京都であるにもかかわらず、みやぞんさんが岐阜県の聖火ランナーとして選ばれています。

岐阜県に一度も住んでないみやぞんさんが選ばれるのはおかしいですよね。

そこで聖火ランナーの芸能人の選考理由は何だったのかを調べてきましたので、気になる方は是非読んでみて下さい!

 

聖火ランナー芸能人の選考理由は?

オリンピックの聖火ランナーの選考については公式サイトにこう載っています。

各募集先(都道府県実行委員会及びプレゼンティングパートナー4社)の聖火ランナー募集要項に記載されている「聖火ランナーの基本応募要件」「聖火ランナー選定の基本的な考え方」に沿って、各募集先が選考を行い、東京2020組織委員会に候補者を推薦し、東京2020組織委員会が聖火ランナーを決定します。

引用:東京オリンピック公式サイト

 

募集先の4社というのは「日本コカ・コーラ株式会社」「トヨタ自動車株式会社」「日本生命保険相互会社」「日本電信電話株式会社(NTT)」です。

また選考は抽選や先着順によって決まるものではないようです。

これをみる限り、一般人に関しても4社それぞれが独断で聖火ランナーを決定してしまうといったことができるので、コネで選ばれるといったことがでてきてしまいそうですよね。

正直、東京オリンピックこそ公平に抽選で決めてもらいたいと思ってしまいます。

 

芸能人の選考理由は?

公募以外のランナーの選考については公式サイトにこう載っています。

都道府県実行委員会、聖火リレーパートナー、大会パートナー、IOC、東京2020組織委員会から推薦によって選ばれた聖火ランナー候補者の提出を受け、東京2020組織委員会が聖火ランナーを決定いたします。

引用:東京オリンピック公式サイト

 

また県実行委員会は「聖火リレーのPRに資する県ゆかりの方」と言っているそうです。

この理由だけだと、県でゆかりがある方であればOKということですが、みやぞんさんが選ばれた理由にはなりませんよね。

 

聖火ランナーでみやぞんが岐阜で選ばれたのはなぜ?

みやぞんさんが岐阜県の聖火ランナーに選ばれた理由は、みやぞんさんの出身地である東京都足立区が松尾芭蕉の奥の細道の地であることが県実行委員の方から発表されたようです。

これはもう何でもありですよね(笑)

岐阜県で聖火ランナーに選ばれたのは44人いて、その中で著名人枠として22人が選ばれています。

この表を拡大してみると、下の方に俳優の山本耕史さんも選ばれていますが、選考理由はNHKの大河ドラマ真田丸で石田光成を演じたことが理由だそうです。

石田光成は滋賀県出身ですが、関ヶ原の戦いにおける石田三成ら西軍の本拠地として使われいたのが、岐阜にある大垣城でした。

これで岐阜のランナーになれるんだったら、どの県でも強引にゆかりのあることにできてしまいますよね。

東京オリンピックの聖火ランナーの選考基準がいかにあいまいかがわかったと思います。

どの県でも必ず注目の集まるランナーを走らせて県のPRが少しでもできればいいとの考えがみえみえです。

理由は客寄せや県のPRが一番の選考理由でしょうね。

 

聖火ランナーでみやぞんが岐阜で選ばれたことにツイッターの声は?

 

まとめ

今回は聖火ランナー芸能人の選考理由は?みやぞんが岐阜で選ばれたのはなぜ?と題してお送りしてきましたがどうでしたか?

聖火ランナーの選考基準はとてもあいまいだったことがわかったと思います。

みやぞんさんのような芸能人だけでなく、聖火ランナーの選考基準はとてもあいまいです。

不満が漏れることを考えると、もう少し明確な基準を作っておくべきだったと思います。

しかし一般の方がテレビで聖火リレーを観るときや沿道で走る姿をみるお客さんにとっては有名な芸能人の方がいいですし、仕方のないことかもしれませんね。

聖火ランナー芸能人の選考理由は?みやぞんが岐阜で選ばれたのはなぜ?でした。

Pocket

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です